座布団の洗濯方法!綿タイプやポリエステル、低反発と失敗しない方法!

zabuton

最近は、丸洗いできる布団や毛布など、洗濯機を使ってお手入れできる寝具も増えてきましたよね。

特にお天気のいい日は、ザブザブお洗濯をしてパーッと干したくなりませんか?

普段なかなかお洗濯できないものであればあるほど、お洗濯をすると気分がよくなるものです。

でも、なかなかお洗濯といっても、どうやってするんだろうと、悩むものありませんか?

そう、その一つが『座布団』です。

座布団は、天日干しはしていても、なかなか丸洗いすることはないですよね。

座布団も綿タイプからポリエステル、今では低反発等、種類も豊富ですので、ますますお手入れするのが難しく感じます。

また、座布団を洗濯して失敗した!なんていうことも聞きますので、洗わない方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、使えば使うほど、汚れていきますし、季節によってはカビやダニが心配にもなります。

今回は、失敗しない綿、ポリエステル、低反発の座布団の洗濯方法について調べてみようと思います。

【スポンサードリンク】

座布団のお洗濯の失敗例

座布団を洗濯できるかできないかは、素材次第ですので、座布団を洗濯機で洗った!手洗いした!という方もいれば、全然乾かなかった!ボロボロになって捨てた!等、色々な声が出回っているのです。

今回は、座布団としてよく使われている代表的な素材を取り上げて、それぞれの洗濯方法についてご紹介します。

綿

中綿が、綿の場合、ウォッシャブルとの記載がない限り、洗濯機で洗ってしまうと失敗に終わります。

中綿が綿で、万が一洗ってしまうと綿の偏りでぼこぼこになり、左右均一にさせるのが難しくなったり、硬くなってしまうことがあります。

洗濯機で洗えない綿が多く入っている座布団は、お風呂場などでふみ洗いをすることをお勧めします。

なお、表布がシルクなどの高級な座布団の場合は、専門家にお願いする方が良いでしょう。

足踏み洗濯

足踏み洗濯なんていつの時代?なんて言葉も上がるかもしれませんが、洗濯機で洗うのは不安という場合には、とにかく足踏み洗濯をお勧めします。

方法は、その名の通り、足踏みするだけなのでとっても簡単です!

まず、バスタブに座布団が浸かるくらいを目安にぬるま湯を入れます。

そして洗濯用洗剤を溶かし、座布団を入れて、座布団の上で足踏みを5分ほどします。

洗い場でシャワーをかけながらすすぎ、泡が出なくなるまで足踏みをするだけです。

基本的に足踏みしていればいいので、お子さんに足踏みをしてもらうというのもいいかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

ポリエステル

ポリエステル素材は、クッション性に優れているので、よく枕にも使われており、軽量で経済的なところが特徴です。

また、ポリエステル100%であれば洗濯機でも洗濯ができますが、綿が混ざっているものを洗濯すると上記同様の理由で失敗する可能性大です。

綿の型崩れを避けるためにもお風呂場などで足踏み洗いが無難そうです。

足踏み洗い終わったら、浴槽の縁などに立てかけ水を切ります。

持ち運べるようになったら、陰干しをするのですが、風通しの良い場所を選びましょう。

もし、乾燥器が使えるようであれば、最後に5~10分程だけ仕上げ乾燥させるとふわっと仕上がります。

低反発

低反発の中身はウレタンといわれるものです。
洗濯に関しては、ごく一部のウォッシャブルタイプのもの以外は洗えません。

間違って洗ってしまうと水分を吸い自重に耐え切れなくなりボロボロになってしまうので、洗濯機の中はボロボロになったウレタンで大失敗します。

せっかくきれいにしようと思ったのに洗濯をしたら即ごみ箱行きとなるので、注意が必要です。

また、ウレタンは、紫外線で劣化スピードが速まるため、天日干しもできません。つまり、普通に洗濯ができない素材なのです!

なので、ファブリーズをして、『陰干し』をするようなお手入れ方法しかありません。

まとめ

座布団は、素材次第でお洗濯ができますが、綿と低反発には注意が必要です。

間違って綿や低反発の座布団を洗濯機に入れてしまうと、型崩れをしたり、座布団自体がボロボロになる可能性が高いです。

綿の場合は、お風呂場などで、踏み洗いをし、低反発の場合は、ファブリーズをした後に陰干しをする等、お手入れ方法が異なることを覚えておきましょう。

また、座布団を足踏み洗いをした後は、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。

仕上げに5~10分程、乾燥機にかけることでふっくら仕上がります。

あまりお洗濯をすることのない座布団ですが、素材や洗濯方法を知っていると清潔に使い続けることが出来ます。

ただ、足踏み洗いとなると、それなりに時間や労力も要するので、子供に足踏み担当になってもらい「足踏み洗いの日」と決めて座布団を洗濯するなどとしてみるのもいいかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ