ブリは出世魚?呼び名の順番は?

【スポンサードリンク】

『出世魚(しゅっせうお)』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

出世魚とは、稚魚から成魚までの成長段階において名称が変わる魚のことです。

また、『縁起の良い魚』との解釈をされていることもあり、門出を祝う席等の祝宴の料理にもよく使われています。

代表的な出世魚として『ブリ』が挙げられますが、呼び名の順番はどうなっているのでしょうか?

今回は、出世魚と知られている『ブリ』の呼び名と順番についてご紹介します。

ブリの呼び名と順番

実は、地域によって呼び名が随分と違います。

また、地域によっては呼び名の回数が違ったり、同じ名前のものがあっても違う大きさを指している場合などあります。

それでは、地域別にブリの呼び名の順番を大きさを見ていきましょう。

関東

モジャコ(稚魚)
ワカシ/ワカナゴ(35cm以下)
イナダ(35~60cm)
ワラサ(60~80cm)
ブリ(80cm以上)

関西

モジャコ(稚魚)
ワカナ(瀬戸内海側)
ツバス/ヤズ(40cm以下)
ハマチ(40~60cm)
メジロ/イナダ(60~80cm)
ブリ(80cm以上)

北陸

コゾクラ/コズクラ/ツバイソ(35cm以下)
フクラギ(35~60cm)
ガンドブリ/カンド(60~80cm)
ブリ(80cm以上)

【スポンサードリンク】

四国(特に南部)

モジャコ(稚魚)
ワカナゴ(35cm以下)
ハマチ(30~40cm)
メジロ(40~60cm)
オオイオ(60~70cm)
スズイナ(70~80cm)
ブリ(80cm以上)

いかがですか?

正直、地域や大きさで名称が変わるのはとてもややこしいですよね。

次は、稚魚から成魚へと成長する過程での食感や味わいの変化をご紹介します。

成長する過程での食感と味わい

はじめにワカシですが、脂は少なめです。

アジと比べるとワカシの方が身も食感もしっかりしていますので、ワカシは、お刺身として食べるのが定番です。

身質が若くプリプリなので、三昧にも捌きやすいと言われています。

ワカシからイナダ、ワサラ、そしてブリに成長していくのですが、ブリは、大きくなればなるほど、更に冬場になると脂質含量が高くなり、いわゆる『脂がのった状態』になっていきます。

回遊するパターンによて脂ののりが異なると言われていますが、中でも寒ブリは、特に脂質含量が高い傾向にあることもあり珍重されています。

脂がのった状態というのは、白身がしっとりして、ジューシーです。

また、身がふわっとしているので、どのような調理法で美味しく召し上がれます。

つまり、お刺身はもちろん、煮ても、焼いても、揚げても美味しくいただけます。

まとめ

ブリは、成長段階で名称が変わる、いわゆる『出世魚』として知られています。

ブリの呼び名や順番に関しては、地域によって異なります。

また、成長に伴い、味や食感が違うことから、調理法を変えて美味しくいただけます。

例えば、まだ脂が少ない若いブリはお刺身に向いているのに対し、成魚したブリは脂がのっているので、様々な調理法により美味しくいただくことができます。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ