くしゃみが止まらない!風邪?花粉?原因は?

くしゃみをすると「誰かが噂をしている」というジンクスを一度は耳にしたことがあると思います。

筆者が小学校の時は、くしゃみを2回すると誰かから物笑いの種にされていて、3回すると異性から好意を持たれ、噂されているというようなジンクスがありました。

調べてみると他にも色々な説がありますが、くしゃみが2、3回では止まらず、くしゃみを繰り返し、『止まらない!』という場合は要注意です!

風邪や花粉症等の病気のサインかもしれません。

今回は、くしゃみが止まらない原因は風邪または、花粉症にあるのか調べました。

【スポンサードリンク】

『止まらないくしゃみ』の原因

軽視されがちなくしゃみですが、くしゃみを繰り返すことで体力を消耗し、場合によっては鼻や耳などにダメージが蓄積されることで疾患を引き起こしてしまうことがあるようです。

また、高齢者で骨が脆くなっている場合は、くしゃみでろっ骨などの骨折に繋がることもあるようですので、注意が必要です。

それでは、くしゃみが止まらない原因を探っていきましょう。

風邪

子供がくしゃみをするとまず筆者は『風邪』を疑います。

というもの、風邪をひくと体内に侵入しようとするウイルスを体の外に出そうとするために『くしゃみ』が出るというのが、代表的な原因とされているからです。

くしゃみに加え、発熱やのどの痛み、身体がだるい等の症状がある場合は、風邪の可能性が高いといえます。

風邪が長引くと中耳炎を併発することもあるので、なかなか症状が良くならない場合は、耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。

アレルギー性鼻炎

筆者が掃除を始めると大抵くしゃみが止まらなくなり、おまけに鼻水まで出てくるという症状を引き起こしてしまいます。

これこそ1年を通じて現れる通年性のアレルギー性鼻炎であり、季節に起こる季節性の花粉症等もアレルギー性鼻炎とされています。

通年のアレルギー性鼻炎は、ハウスダスト、ダニ、ペット、そして季節性の花粉症は、杉や檜などが原因としてよく知られています。

アレルギー性鼻炎のくしゃみや鼻水などのアレルギー反応を起こすのはアレルゲンと呼ばれていて、くしゃみや鼻水はアレルゲンから身体を守るための防御反応と言われています。

ちなみに筆者は、掃除をするときはマスクはもちろん、普段めがねはしませんが、少し疲れていて免疫が低いと感じた時はサングラスをすることもあります。

自己流ですが、この方法でハウスダストやダニなどが原因で引き起こすアレルギー性鼻炎を抑えることはできています。

アレルギーとなる原因を見つけ、身体に侵入させないことがポイントですね!

【スポンサードリンク】

寒暖差アレルギー

春先や秋口等のいわゆる『季節の変わり目』には、1日の中でも気温の変化が激しくなるので、寒冷刺激によるくしゃみなどのアレルギー反応が出ることがあります。

寒温差アレルギー又は、血管運動性鼻炎とも呼ばれているこの症状は、寒暖差が自律神経に作用し、くしゃみを引き起こしているといわれています。

刺激物質

小さなホコリやゴミなどを呼吸時に吸い込んでしまうとこれらが鼻粘膜を刺激してくしゃみが出ることがあります。

ホコリやゴミなどを体外へ吹き出すための正常な反応です。

モーニングアタック

あまり聞いたことがないかもしれませんが、モーニングアタックとは、朝、目が覚めた際に鼻詰まりの他、くしゃみや鼻水が止まらなくなる症状です。

起床時に起こる自律神経のバランスの乱れが原因で、鼻炎やアレルギー性鼻炎があるとモーニングアタックのリスクも高いといわれています。

まとめ

普段、何気なくしているくしゃみも1、2回であればまだしも、『くしゃみが止まらない』ようであれば、病気やアレルギー反応などが疑われます。

くしゃみの他に発熱、のどの痛み、だるさなどという症状があれば、風邪である可能性が高いでしょう。

また、ハウスダストやダニ等が原因で引き起こされる通年性のアレルギー性鼻炎や毎年多くの日本人が悩まされている季節性の花粉症は、それぞれ原因となるアレルゲンを防御することで抑えられるでしょう。

くしゃみは有害な異物を体外に出そうとする守備機能です。

とはいえ、長く続くと疲れて苦しいものですので、あまり長引くようであれば、一度病院に行って原因を突き止めることが重要です。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ