豆乳の効果は男性と女性で違うの?寝る前に飲むのが効果的?

soymilkl

豆乳には、美容やバストアップ、更には不妊改善につながる等、女性にとって積極的に摂取したい成分が豊富に含まれています。

また、筋肉増加や育毛等と男性にとっても嬉しい効果が期待できるため、男女問わず、豆乳効果は注目されています。

とはいえ、男性と女性では、豆乳の効果が違う?という点が気になりますよね。

また、豆乳を飲むタイミングにもコツがあり、寝る前に飲むといい!という情報もあります。

今回は、男性と女性では、どのように効果が違うのかということと、効果的な豆乳の飲むタイミング(寝る前など)について解説します。

【スポンサードリンク】

男性と女性では効果が違う?

豆乳は、とても栄養素の高い食材の一つとして注目を浴びています。

しかし、男性と女性では、豆乳に期待する要素は違うようです。

以前、『豆乳の効果がすごい!男性は筋肉や髪の毛に効果が!』では、男性にとって悩みがちな筋肉と髪の毛に効果的な成分が豊富に含まれているということをご紹介しました。

また、『豆乳の効果が女性にメリットありすぎ?不妊効果に絶大!』でも、女性特有の悩みである不妊をはじめとする悩みに効果的な成分をハイライトしてご紹介しました。

どちらも豆乳に含まれる成分により、個々の悩みなどの改善につながりやすくなる内容でした。

つまり、男性と女性では、豆乳の効果が違うというわけではなく、それぞれが悩みがちな事柄に対して効果的な成分に焦点を当てているということです。

豆乳の効果


悪玉コレテトロールの低下
抗酸化作用・血行促進
コレステロールは排出
必須脂肪酸を摂取
体脂肪を燃焼する


悪玉コレステロールの低下

大豆からできている豆乳は、大豆たんぱく質が豊富に含まれています。

この大豆たんぱく質というのは、悪玉コレステロールを低下させる効果がある他、大豆たんぱく質の「β-コングリシニン」という成分が、中性脂肪や内臓脂肪を低減させる効果があると研究により分かったそうです。

抗酸化作用・血行促進

また、豆乳に含まれる大豆サポニンには、抗酸化作用と血行促進の効果があるといわれています。

抗酸化作用には、コレステロールや脂質が参加し、「過酸化脂質」になるのを抑える効果があるので、結果的に動脈硬化の予防にも繋がります

また、このような効果によってダイエットの他、生活習慣病の予防にも効果があるとされています。

コレステロールを排出

更に大豆レシチンは、体内にある余分なコレステロールを排出してくれる効果があります。

他にも脳の働きを助けるという効果もあるので、物忘れが始まったという方などにもお勧めです。

必須脂肪酸を摂取

あまり聞いたことがないかもしれませんが、豆乳には、リノール酸といわれる必須脂肪酸が含まれています。

必須脂肪酸は、体内で作ることが出来ないため、植物脂等での摂取が一般的となりますが、豆乳でも摂取できるという点、女性にはとても嬉しいところです。

また、リノール酸は、悪玉コレステロールを減らしてくれるので、動脈硬化や高血圧等を含む生活習慣病の予防にも繋がります。

体脂肪を燃焼する

特にダイエットをしたい方には嬉しい大豆ペプチドという成分は、基礎代謝のアップの他、体脂肪の燃焼を促す効果もあります。

また、免疫力アップにも繋がるアルギニンやグルタミンといった成分も大豆ペプチドに含まれるアミノ酸に入っています。

【スポンサードリンク】

豆乳を飲む時間とその効果

朝起きたら飲む

朝、目が覚めたら、豆乳を飲むことで、エネルギーや栄養補給がスムーズに補給できます。

寝ている間には、たくさん汗をかいているので、水分補給のためにも「朝起きたら水を飲むといい」と言われていますが、水の代わりに豆乳をコップ1杯飲むというのもいいですね。

また、食前に水分を摂取することで、便秘解消の効果が期待できます。

食事をする30分前

ダイエットを効果的にしたい場合は、食事の前に豆乳を飲むといいようです。
豆乳に含まれている大豆サポニンという成分が、脂肪とコレステロールの吸収を抑えてくれます。

また、食事による血糖値が上がることを防止、又は、緩やかにしてくれる効果も期待できますので、太りにくくなります。

更に『食前』というタイミングは、食事の食べ過ぎ予防にもなります。

空腹を感じたとき

小腹がすいたなというときは、豆乳がおすすめです。

豊富な栄養素はもちろん、甘いフルーツやコーヒーフレーバーの豆乳飲料であっても低カロリーなのです。

また、意外にも腹持ちもいいという点が、おやつにもってこいですよね。

就寝前

『肌のゴールデンタイム』なんていう言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、ホルモンの分泌が最も活発になるのが22時~2時と言われています。

この成長ホルモンが活発になる時間帯を狙って、就寝前に豆乳を飲むと肌や髪に影響がでやすいといわれています。

また、豆乳を寝る前に飲むことで、代謝を促進して脂肪を燃やすため、痩せやすくなるといいます。

まとめ

豆乳には、男性にとっても女性にとっても嬉しい成分が豊富に含まれています。

男性と女性は、それぞれ身体の悩みも異なりますので、それぞれにとって嬉しい効果を期待しがちです。

つまり、豆乳に含まれる成分で、それぞれの悩みの改善に繋がる成分に注目しているだけで、豆乳の効果が、性別によって違うわけではないということです。

また、豆乳を飲むタイミングによって、効果の期待が異なります。

飲むタイミングをうまく工夫し、健康的な豆乳ライフを楽しめたらいいですね。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ