うどんでダイエットができる?簡単レシピをご紹介!

udon

炭水化物を抜くダイエットや部分痩せエクササイズなど、話題になったダイエットは、とにかくやってみたけど、「続かなかった!」という方、いらっしゃいませんか?

多くのダイエット法は、炭水化物を抜いたり、腹筋を30回×3セット等、普段の生活の中でダイエットを常に意識し、ある意味自分との勝負というようなものになりますよね。

忙しい毎日の中で、ダイエットをしていることを忘れてしまったり、ダイエットメニューやエクササイズが手間に思えたりと、実は、ダイエットとは、なかなかコミットするには難しいものなのです。

しかし、発見しました!そんな方でも続けやすい『うどんダイエット』というものを!

今回は、おいしいうどんレシピを併せてご紹介しますので、この機会に、ぜひ美味しいうどんレシピでダイエットを成功させましょう!

【スポンサードリンク】

うどんダイエット

『うどん』と聞いて、まず想像できるのが、炭水化物ですよね。

炭水化物を抜くダイエットも話題になっていましたので、本当に『うどんダイエット』は効くの?と疑いたくなります。

ですが、ご存じでしょうか?

実は、うどんは、ダイエットに効果的といわれているのです。

方法としては、1日1食のメニューをうどんにするだけで、とても簡単です。

うどんダイエットのメリット

ダイエットといえば、気になるのが、カロリーです。

白米100gあたり160kcalといわれているのに対し、茹でたうどんは、なんと100gあたり105kcal程度と意外にも低いのです。

また、100gに含まれる炭水化物の量を見てみると、フランスパンが57.5g、食パンが46.7g、白米が37.1gに対し、うどんは、たった21.6gなのです!

つまり、炭水化物と部類分けされるうどんは、主食としてカロリーも炭水化物の量も圧倒的に低いのです。

更にうどんは、コシが強ければ強いほど、自然と噛む数も増えますので、満腹中枢が刺激されます。すると、少量でも満腹感を得ることが出来ますので、ドカ食いを防ぐこともできるんです。

コシの強いうどんは、消化スピードが遅いので、炭水化物の吸収も遅くなります。

このため、同じカロリーの主食を食べたときと比べ、うどんはカロリー消費されやすくなりますので、太りにくくなります。

ダイエットに嫌われがちな炭水化物とはいえ、カロリーや炭水化物の量が圧倒的に低いのは、本当にうれしいですよね!

1日1食をうどんに置き換えるだけですから、これなら、ダイエット=コミットメントというような強い決意をしなくても、お手軽に楽しくダイエットができるのではないでしょうか。

なお、健康的に痩せるには、うどんのトッピングや薬味等をうまく取り入れ、栄養のバランスを考えることも必要です。

【スポンサードリンク】

お勧めのトッピング

うどんダイエットともなれば、当然味気のないつまらないものだと思っていませんか?

毎回質素なつまらないうどんメニューでは、やはり味気ないですし、すぐに飽きてしまいそうですよね。

そこで、うどんダイエットにお勧めなトッピングをご紹介します!

釜玉うどんといってゆであがったうどんにたまごの黄身をかけて食べるうどんがあります。

実は、この食べ方、ダイエット的にとてもおすすめな食べ方だったんです。

卵には、ビタミンB1が含まれているのですが、そのビタミンB1がうどんの糖質を素早く分解し、脂肪になりにくくなるというのです。

少し違った食べ方をしたいといったら、卵をかけてみてはいかがでしょうか?

ワカメ

ワカメをトッピングすると、ぐっと風味が出て、美味しくうどんを頂けますよね。

ワカメは、カロリーが低い上に食物繊維が豊富なので、実は、ダイエットには強い味方なのです!

ネギ

薬味と言ったらネギですよね。

実は、ネギには、硫化アリルといって脂肪燃焼を促進してくれる効果があるといいます。

中には、食べるものにやたらとネギを入れていたら、ウエストが5センチ細くなった!という方もいるそうですよ。

では、ここで一味違ったうどんレシピをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

アボカドのつけうどん

用意するもの
うどん 2玉
お好みの野菜
アボカド 1個
豆乳 250cc
白だし 大3
EVオリーブオイル小1

1.うどんをゆでるお湯を沸かす
2.アボカドを適当な大きさにざく切りする
3.2.のアボカドとオリーブオイル、白だし、豆乳をミキサーにかける
4.うどんをゆでて、水を切り、冷やした麺の上にお好みの野菜を乗せる
5.3.のつけ汁を別の器に入れて完成

いかがでしたか?

1日1食のおいしいうどんメニューを取り入れることで、飽きずに続けられそうですよね。

ダイエットは、それなりのコミットメントを要する取り組みだと思いますが、毎回のメニューを一味変えるだけで、とても味わい深く楽しいものになるはずです!これを機においしくいただけるうどんメニューを自己流で作ってみる!なんてこともいいかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ