指が痛い!これって腱鞘炎?人差し指、薬指が痛い時は可能性が高い?

【スポンサードリンク】

hand
腱鞘炎は、手や指の使いすぎが原因で、指や手首に炎症が起こり、痛みを感じるようになり、重症化すると生活に支障が出ることもあります。
最近では、特に人差し指や薬指に炎症が起こることも多いようですが、これも腱鞘炎の症状と言えるのでしょうか?
今回は、そんな「指が痛い!」に注目し、腱鞘炎と人差し指と薬指の症状についてまとめてみました。

腱鞘炎とは

私たちは、手首から肘の間にある腕の筋肉と指の筋肉で手の指を動かし、これらの筋肉を伸縮させながら、指を自由に曲げたり、伸ばしたりしています。
そして、この腕の筋肉の伸縮を指に伝えているのが『腱』といわれる太いロープのような部分であり、指、腕の筋肉、腱は常に連動して指が動いています。
操り人形を想像されると分かりやすいかもしれませんね。操り人形は、「糸」を引っ張ることで動きますが、この「糸」となっているのが「腱」の役目をしています。
また、指を動かすことで腱の位置がずれないようにトンネルの中に入れて動かすようになっているのですが、このトンネルの役目をしているのが『腱鞘』です。
腱鞘炎とは、手や指を使いすぎたり、動かしすぎたりすることで、『腱』や『腱鞘』が擦れて起こる炎症のことです。
現代社会では、長時間にわたりパソコンを使用することも増え、文字入力する際、頻繁に親指・人差し指・中指・薬指・小指のすべての指と手首に腱鞘炎が起こりやすく、マウスをクリックする作業が多い場合は、人差し指や中指に発症しやすいといいます。
つまり指も腱鞘炎になるということです。

腱鞘炎の種類

ばね指
手首等以外にも指にも腱鞘炎が起こり、指の腱鞘炎を『ばね指』といわれています。
ばね指は、指に痛みを感じ、曲げづらい、勝手に曲がって元に戻らないという症状があるそうです。
産前産後や更年期障害等を含むホルモンのバランスの乱れが原因となり、女性に多く見られる症状とも言われていますが、加齢による筋肉の衰え、パソコン等の使いすぎも原因といわれています。
ド・ゲルバン症候群
手首の人差し指側にある腱鞘と腱とに炎症が起き、手首の人差し指側に痛みが走ったり、腫れたりする症状は、『ド・ゲルバン症候群』といわれています。
スマートフォンを人差し指だけで操作し続けたりするとド・ゲルバン症候群になりやすいそうです。
また、妊娠・出産等により突然発症することがあると言われています。

【スポンサードリンク】

腱鞘炎の治療法

手や指は、日常生活でよく使う体の一部です。
少しでも違和感や痛みを感じれば、一刻も早く治したいところですよね。
それでは、腱鞘炎の治療方法をご紹介します。

患部を安静・休養させる

腱鞘炎とは、そもそも手や指の使いすぎによって炎症を起こしているため、患部の安静と休養が何よりの治療方法です。
逆に治療後も、今までのように手や指を使ってしまうと、治りにくくなります。
とはいえ、家事や仕事で、手を一切使わないということは難しいので、なるべく安静にすることを心掛けましょう。
もちろん、完全に使わないようして生活するのは難しいですよね。
そんな場合は、サポーター等で、手や指の運動を制限するという方法も有効のようですよ。
これなら、家事や仕事で手や指をよく使う方でも出来そうですね。

薬や湿布を使用する

市販されている湿布は、冷湿布、温湿布どちらを選んでもいいそうですが、自分が気持ちいいと感じる方を使用するといいそうです。
また、湿布に関しては、貼ったからといってすぐに治るものではなく、あくまでも痛みを穏和するためのものですので、必要であれば、医師に相談し、薬を処方してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?
スマートフォンやパソコンなど、指を使うことが増えた現代社会では、腱鞘炎になる確率も高くなってきています。
また、スマートフォンやパソコンを使用している場合、どうしても同じ動きを繰り返してしまいますよね。
そして、スマートフォンなどいじりだしてしまうと、なかなかやめれなくなってしまうという方もいるでしょう。
手や指の動作を繰り返すことで、最終的には炎症等で痛みが出てきてしまい、場合によっては日常生活にも支障が出てきてしまいます。
もし、心当たりがあり、今、まさに痛みを感じているのであれば、これを機に手や指の使いすぎを認識し、患部の安静と休養を心掛けてみてはいかがでしょうか?
手や指が痛いのに放っておけば、症状は次第にひどくなっていくといいます。
家事や仕事等で手や指を動かす事が多い方は、やむを得ないこともあると思いますが、痛みを感じたら、湿布を貼って痛みを緩和させたり、医師に診てもらうということも大切です。
サポーター等で、手や指の運動を制限する方法もあるので、まずは、専門医に相談してみるのもいいかもしれません。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ