溶連菌に子供が感染!症状が軽い場合の治療法は?

【スポンサードリンク】


赤ちゃんが生まれると今まで耳にしたこともない病名を知ることになるのは言うまでもありません。
特に感染病の恐れがある病気に関しては、家族はもちろん、保育所や幼稚園でも慎重に対処しなければいけません。
中でも『溶連菌』による感染症は子供に多い疾患と言われています。
症状が軽い場合は自然治癒が可能か、特に子供がいるご家族には知っておいていただきたいものです。
今回は、そんな『溶連菌』に子供が感染し、症状が軽い場合の治療方法についても解説します。

溶連菌感染症とは?

まず、溶連菌ですが、正式には『溶血性連鎖球菌』という細菌で、α溶血とβ溶血を呈する2種類があります。
後者で人に病原性を有するものとしては、A群、B群、C群、G群等で、中でも溶連菌感染症の90%以上がA群によるものだそうです。
つまり、A群溶血性連鎖球菌(A群β溶血性連鎖球菌)による感染症を『溶連菌感染症』として知られているといえます。
ちなみに溶連菌は、主に喉に感染し、咽頭炎や扁桃炎の他、小さく赤い発疹を伴う猩紅熱という病気を引き起こします。

溶連菌に感染するとみられる症状

溶連菌に感染してしまうと高熱と喉の痛みが代表的な症状なのですが、以下のような症状も立て続けに出てきます。

高熱
喉の痛み
咽頭発赤
イチゴ舌
頭痛
吐き気
腹痛
発疹

また、溶連菌感染症は、発病1日目から2日目の間には、首、胸、脇の下から全身へ発疹が広がります。
熱は、3日目になると徐々に下がり、5日目には平熱に戻ることが多く、発疹も次第に消えていくといいます。
一般的には、2日~7日間が潜伏期間とされているようです。
また、幼稚園や学校によっても、「熱が下がってから」、「伝染のおそれがなくなってから」、または「発病後7日を経過してから」などと言われていますので、病院で適切な治療を受け、指示通りに処方薬を服用していれば、長引く病気ではなさそうです。
ただ、治ったからと言って自己判断で薬を飲ませないのは、NGです。
合併症や再発の恐れがある為、通園、通学を始めても抗菌薬は医師の指示した期間しっかり飲むことを心掛けましょう。

【スポンサードリンク】

症状が軽い場合

溶連菌に感染すると症状は、まるで風邪をひいているだけのようにも見受けられます。
従って、風邪だと思い風邪薬で治そうとしがちですが、それは危険行為です。
そして、自然治癒力でどうにかなるものではありません!
なぜならば、風邪は80~90%がウイルス性と言われており、風邪薬と免疫力で治療をすることが可能ですが、溶連菌感染は、ウイルスではなく、細菌だからです。
細菌は比較的体内で長く生き続けられるので、「自然治癒力」に任せ、放置しておくと以下のような合併症を引き起こすこともあるのです。

急性糸球体腎炎
リウマチ熱
血管性紫斑病
猩紅熱

風邪と溶連菌感染症の違い

症状が軽いと風邪だと思われがちな溶連菌感染症ですが、溶連菌感染症は、咳や鼻水などの症状が軽く、その一方で、風邪の場合は皮膚の発疹は出ません。この違いを見分けられると判断しやすいかと思いますが、どちらにしろ、小児科に行くのが一番です。
というのも万が一自己判断で、「風邪」だと思い込んでしまうと何度も言っているように合併症を引き起こすがあるからです。
溶連菌感染には抗生物質が有効なので、適切なお薬を処方してもらいましょう。

まとめ

溶連菌感染症は症状が風邪だと思われがちですが、例え症状が軽くても自然治癒力では完治しません。
合併症を引き起こす前に病院へ行き、しっかりと抗生物質を飲んで完治させましょう。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ