胃腸風邪、胃腸炎、嘔吐下痢症との違いは?

【スポンサードリンク】

sick
ちょっとした風邪かなと思いきや、嘔吐や下痢が続き、単なる風邪ではないような症状がみられる場合は、「胃腸風邪」、「胃腸炎」、又は、「嘔吐下痢症」といった可能性があります。
とはいえ、それぞれ症状や違いがありますので、自分がどのような病状なのかわかりにくいですよね。
今回は、「胃腸風邪」、「胃腸炎」、更に「嘔吐下痢症」の症状と違いについてご説明します。

胃腸風邪

胃腸風邪は、いわゆる「感染性胃腸炎」のことで、秋から冬に多いノロウイルス、アデノウイルス等のウイルス感染と、夏場に多い細菌感染によって起こるものがあります。
どちらも激しい腹痛と下痢に加え、激しい吐き気と嘔吐があり、発熱、関節痛、又は、頭痛を伴うこともあります。
ウイルス性胃腸炎は、免疫力が低くなっているときにウイルス感染しやすく、胃腸炎にかかるようですが、原因は、ストレスが関係しているといわれています。
つまり、強いストレスによって自律神経の働きが乱れ、血行が悪くなり、免疫が落ちることで、ウイルスに感染しやすくなるというわけです。
また、偏った食生活や睡眠不足等により、胃腸風邪になりやすいとも言われています。
胃腸風邪における下痢症状は激しく、体内のウイルスを外に排出するために水のような透明な便になることが多いです。
下痢止めなどを使用し、下痢を抑えないようにしましょう。
また、水便は、体内の水分が失われやすいので、必ず水分補給をしましょう。
一方、細菌性胃腸炎の場合は、食事によって感染するものが主で、「食中毒」もその一つです。血便があることがあります。
また、細菌性の場合は、体内に侵入してきた細菌を消滅させるために抗生剤が処方されることがありますが、ウイルス性には、抗生剤の効果がないといいますので、必ず、医師から処方された薬は指示通り使用しましょう。
なお、熱が出るのは、免疫力を上げている証拠であり、体調を改善させるためには必要な症状ですので、解熱材等で熱を下げないほうがいいといいます。
ただ、高熱が続く場合は、早めに医師に診てもらいましょう。

【スポンサードリンク】

胃腸炎

さて、胃腸風邪は、感染性胃腸炎とご説明しましたが、「胃腸炎」は、胃腸風邪とは違い、「感染性」ではありません。
つまり、胃腸風邪と胃腸炎の違いは、感染するか、しないかという点です。
胃腸炎は、腸で異常が起きていると下痢が続く傾向にあり、整腸作用のある食材等、消化に良い食事を心掛けることで腸への負担を少なくしましょう。
胃腸風邪と胃腸炎は、症状が似ていることもあるので、早めに医師に診てもらうことが最善の選択でしょう。

嘔吐下痢症

感染性胃腸炎の中でも特にロタウイルスは、冬に流行し、激しい嘔吐と白い下痢便といった症状がみられますが、このような症状も以前から「嘔吐下痢症」や「白色便性冬季下痢症」と呼ばれたようです。つまり、呼び方の違いということです。
最近では、ロタウイルスを含む同様の症状がみられるノロウイルス等を含めて、ウイルス性の感染性胃腸炎を「嘔吐下痢症」と呼ばれています。

まとめ

胃腸風邪は、感染性胃腸炎」とも呼ばれ、胃腸炎との違いは、感染するか、しないかにあります。
どちらも症状などは、よく似ていることが多いため、胃腸風邪か胃腸炎かの判断は、医師に診てもらうのが良い選択と言えます。
また、嘔吐下痢症に関しては、ロタウイルス、ノロウイルスなどを含むウイルス性の感染性胃腸炎のことを指します。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ