醤油の事を英語では何と言う?英語で説明してみよう!

【スポンサードリンク】

醤油さしと醤油

平成25年12月に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことにより、和食が改めて注目され始めてきました。

そして、和食に欠かせない「醤油」も、もはや日本だけではなく世界各国で使われる万能な発酵調味料として知られるようになりました。

寿司、刺身、煮物、炒め物等の他、ちょっとした隠し味にも使われる醤油は、もう日本人には欠かせない調味料ですよね。

海外では、和食ブームということもあり、醤油が広く親しまれていくのが想像できます。

そんな日本を代表する万能調味料「醤油」は、国際的に活躍する「醤油」になったのですから、英語で「醤油」をいえるようにしておきたいものです。

また、世界的にも醤油の認知度が高まった今、英語で醤油を説明できるようになれたら、私たちの世界観も広がるかもしれませんよね。

今回は、日本を代表する醤油の英語名と英語で説明する醤油について取り上げてみたいと思います。

醤油は英語で何というの?

醤油は英語で「Soy Sauce(ソイ ソース)」といいます。

醤油は、大豆からできていますので、大豆(Soy bean)の「Soy」と汁を意味する「Sauce」で「Soy Sauce」と呼ばれています。

なんだか、とても単純な英語名で覚えやすいですよね。

とはいえ、実は、大豆の英語名「Soy」は、日本語の「醤油」が語源ということをご存知ですか?

17世紀に醤油が日本から欧州へSoyaとして出荷されたのが始まりで、欧州では、醤油のことを「ソイ」や「ソヤ」等の類似語で呼んでいたそうです。

18世紀時点、西洋では、まだ大豆は植物として知られていませんでした。

後にスエーデン人の医者であり植物学者でもあるツンベルグにより大豆が欧州に紹介されることになるのですが、その際に彼は、大豆は醤油の主原料と知り、「SOYA BOHNE」と命名したといわれています。

「BOHNE」とは、ドイツ語で「豆」を意味しますので、「醤油を作る豆」という意味になります。

つまり、大豆の「ソイ」は、醤油が語源だったという事になりますね。

【スポンサードリンク】

英語で醤油を説明してみよう!

さて、大豆と醤油の英語名に纏わる面白いお話をさせていただきましたが、折角なので、英語で醤油を説明してみようと思います。

既に、醤油は大豆からできた万能調味料ということや刺身、寿司等につけて食べるという方法は広く知られていると思いますので、ちょっとした工夫で醤油を楽しめる方法についてはいかがでしょうか?

和食レストランや居酒屋で出会った外国人との会話や、旅先、ホームスティ先でのちょっとしたネタとしてもいいかもしれません。

Soy sauce is one of the most common ingredients used in Japan.

As you may know it tastes deliciously salty and it goes well with fish, meat, vegetables and almost all foods depending on the ways of cooking.

Now, I would like to share how a drop of soy sauce could change the original taste.

For instance, if you add a drop of soy sauce to ice cream, it will be more refreshing flavor.

You might have cartons of ice cream in your refrigerator so just give a try!

(日本語訳)

醤油は、日本で最もよく使われる調味料の一つです。

醤油の美味しい塩気は、魚、肉、野菜等、あらゆる食材との相性も良く、色々な調理に万能に使えます。

ここで、醤油一滴によって素材の味が変わる方法をご伝授いたします。

例えば、アイスクリームに醤油を一滴たらしてみましょう。リフレッシュな味に変わります。

きっと冷蔵庫にはアイスクリームの箱が入っていると思うので、是非試してみてください!

まとめ

いかがでしたか?

日本では、どこのご家庭にもある「醤油」は、意外にもユニークな歴史があり、今では、世界でも万能調味料として使われていることも多いのです。

今回は、ただ単に塩気がほしくて使うのではなく、一滴たらすことで素材の味を替えてしまうという日本人でもあまり知られていないトリックもご紹介させていただきました。

どの国でもアイスクリームは好まれていますし、常備している方も多いと思うので、アイスクリームを例に取り上げることで、挑戦もしやすいトリックを皆さんも是非試してみてください。そして、その感想を英語で伝えてみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ