豆乳の効果が女性にメリットありすぎ?不妊効果に絶大!

soymilkandwoman

豆乳といえば、美容や健康面で女性には嬉しい効果がたくさんあるというイメージが強いですよね。

特に豆乳に含まれている『大豆イソフラボン』は、化粧品にも使われていて名前だけは知っているという方もも多いのではないでしょうか。

さて、そんな女性に優しい豆乳ですが、実は、不妊でお悩みの方にも効果的ということが分かりました!

今回は、女性に優しい豆乳効果で、不妊への影響を解説します。

【スポンサードリンク】

不妊に効果的といわれる理由

子宮等に血液が流れやすくなる
抗酸化効果が期待できる
子宮に受精卵が着床しやすくなる
ホルモンバランスが整いやすくなる等

豆乳に含まれる成分

血流が良いか悪いかは、不妊改善において大きなポイントになります。

豆乳に含まれる『レシチン』は、血液の流れを良くする作用があると言われています。血流が良くなると多くの酸素や栄養が支給や卵巣に供給されるようになり、子宮機能が活性化されます。

『妊娠力』を上げるには、血流を改善し、冷えを防ぐということが重要ということです。

また、豆乳に豊富に含まれている『サポニン』という成分は、脂肪の吸収を防ぐだけではなく、卵巣を老化させる『活性酸素』を取除く『抗酸化効果』があるといわれています。

よって、卵巣や卵子の老化を抑えてくれる作用があり、不妊改善につながります。

なお、活性酸素を防ぐには、豆乳を飲めばいいというわけではありません。食品添加物をはじめ、たばこやストレスも活性酸素を増大させる原因です。

インスタント食品や酸化しやすい肉類、揚げ物等の高脂肪食品を避け、抗酸化物質となる緑茶、ルイボスティー、トマト、鮭、いくら等の魚類も摂取しましょう。

更に運動はストレスを減らす方法としてはもちろん、活性酸素も減少させるという嬉しい効果が期待できます。

また、豆乳といえば、『イソフラボン』という言葉が思い浮かぶ方も少なくないと思いますが、イソフラボンは、女性ホルモンである『エストロゲン』に似た働きをするので、不妊改善にはおすすめとのことです。

というもの、このイソフラボンが、ホルモンバランスを整え、子宮内膜を良い状態にしてくれるので、子宮に受精卵を着床しやすくさせる効果があるのです。

特に高齢出産等、加齢によって乱れがちなホルモンバランスを整えるということは必須ですので、積極的に摂取したい成分ですね。

【スポンサードリンク】

注意点

豆乳は、1日200ml~400ml程を目安として、毎日飲み続けることで効果が出てくるといわれています。

とはいえ、豆乳の過剰摂取は、生理が止まってしまったり、生理不順になってしまう可能性があるので逆効果です。

生理予定日に近づいて来たら、豆乳を控えたり、生理中は、飲まないという選択を取り入れていきましょう。

生理後、また再開するというようにあまりストイックにならないのがポイントです。

最後に

豆乳には、不妊改善に役立つ成分が多いのですが、豆乳や大豆類を積極的に摂取していれば、妊娠しやすくなるというわけではありません。

豆乳以外でも、すっぽん、ウナギ、サトイモなどもイモ類の他、牡蠣やゴマ等も不妊に良いとされている食べ物ですが、妊娠にむいている食生活を目指すためには、うまく色々な食材を組み込んでいくことが大切です。

また、適度な運動やストレスを溜め込まないなど、生活リズムにも目を向け、改善点があれば、改善に向けて取り組むということも重要です。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ