鼻水が黄色くて頭痛と歯痛で辛い!原因はなに?

【スポンサードリンク】


頭痛と歯痛で辛い!おまけに黄色い鼻水まで出てくる!
虫歯からくる歯痛と頭痛かと思いきや、虫歯ではなかった・・
もしかしたら、これらの症状は『副鼻腔炎』によるものかもしれませんよ。
あまり聞いたことのない『副鼻腔炎』ですが、原因はどこにあるのでしょうか?
今回は、頭痛と歯痛に加え黄色い鼻水が出てくる『副鼻腔炎』の原因について調べました。

副鼻腔炎の原因とは?

さて、『副鼻腔炎』ですが、『蓄膿症』として知られていることが多いようです。
風邪等のウイルスや細菌に感染することにより、鼻腔の炎症が起こります。
鼻腔と副鼻腔はつながっているため、副鼻腔にも炎症が及びます。
この状態が急性副鼻腔炎であり、「急性」の場合は、自然に治ってしまったり、抗生物質等の薬物療法で、比較的簡単に治りやすいといいます。
しかし、副鼻腔粘膜の炎症が長引くと本来であれば膿を排出する能力を持った粘膜の働きが悪くなってしまい、粘膜自体が腫れ上が、鼻腔との交通路を塞いでしまう他、炎症もさらに治りにくくなってしまうのです。
この状態を慢性副鼻腔炎といい、いわゆる『蓄膿症』というものです。
また、花粉やハウスダストによるアレルギーや喘息等も副鼻腔炎を治りにくくする要因の一つと言われています。

副鼻腔炎の症状

では、副鼻腔炎になってしまうとどのような症状があらわれるのでしょうか?
部位ごとに見ていきましょう。

頭痛

上顎から目の下に広がる空洞を副鼻腔といいます。その副鼻腔に炎症が起こると周りにある神経や血管が圧迫し、結果、頭痛を引き起こすことがあります。

歯の痛み

副鼻腔炎により、歯の根の先や神経を圧迫したりして激痛が走ることがあります。
副鼻腔炎が改善されることで、歯の痛みが治ることが多いのですが、よく虫歯の痛みと間違われることもあるようです。
副鼻腔炎による噛んだ時に出る痛みは、歯の周りにある歯根膜にえ炎症が広がることにより、痛みを感じます。
また、歯が浮いたような感じがするのは、根の先に圧力が加わることで歯が押し出されるように感じるためです。
どちらも副鼻腔炎を治療することで改善します。

【スポンサードリンク】

鼻水

急性副鼻腔炎の場合、膿の混じった黄色い鼻水がよく見られるのに対し、慢性の場合は、白く粘調な鼻水であることが多いです。
ちなみにアレルギー性鼻炎の場合は、透明でさらさらした鼻水が特徴的とされているので、これらの鼻水の状態が鑑別点にもなるようです。

後鼻漏

アレルギー性鼻炎の鼻水というのは、殆ど前に流れます。しかし、副鼻腔炎の場合は、鼻水が前に出でますが、喉に流れて咽頭炎や気管支炎の原因になることもあるようです。
アレルギー性鼻炎とは対照的な症状だといえます。

鼻づまり

鼻腔や副鼻腔の粘膜が腫れる、又はポリープになると鼻詰まりが起こります。

目の奥の違和感

副鼻腔は、目の下にまで広がっています。つまり、副鼻腔炎によって目の下までに膿が溜まってしまうと目の下の骨を押し上げるよう違和感や痛みを感じることがあるようです。

まとめ

いかがでしたか?
副鼻腔炎になってしまうと炎症により黄色い鼻水の他、頭痛や歯痛を伴うことがわかりました。
中には、あまりの激痛に虫歯だと思う方もいるようですが、副鼻腔炎を治療することで、症状がなおるようです。
もし、症状が似ているようであれば、一度病院で診てもらうといいでしょう。
急性の場合は、薬物医療で比較的に治るようですよ。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ