一人暮らしにかかる費用は最低どれぐらい?社会人と大学生では費用も違う?

studio

大学生や新社会人として親元を離れ、いよいよ憧れの一人暮らしとワクワクしている人も多いと思います。

とはいえ、一人暮らしをするためには、生活をするための一式が必要になるわけですから、費用もかかるといいます。

これから大学生や新社会人として一人暮らしをするには、最低どれくらいかかるのでしょうか?

一人暮らしをする予定のある方には特に知っておいてもらいたい一人暮らしをするための最低費用をざっくり計算してみました。

【スポンサードリンク】

一人暮らしの初期費用

一人暮らしをするためには、いろいろと初期費用がかかります。

大学生であれ、新社会人であれ、初期費用がすべて実費ということであれば、金額に差はないでしょう。

住居費

一人暮らしをするとなれば、まず物件探しから始まりますが、この『住居費』というものが、一人暮らしの初期費用の中で最も高くなります。

今回は、一人暮らし用のワンルームの部屋を6万円で借りるとします。

すると、まず、1ヶ月分の家賃に加えて、『敷金(又は、保証金)、礼金、仲介手数料』というものがあります。

敷金、又は、保証金とは、どちらも家賃の滞納や引っ越しをする際に修理が必要になった場合にこの『敷金』から差し引いて修理費用にあてるという目的があり、問題がなければ、引っ越し後に戻ってくるお金となります。
一方、『礼金』と『仲介手数料』は、お金が戻ってきません。

礼金とは、大家さんに対して支払い、仲介手数料は、大家さんと部屋を借りる人の間でスムーズに契約が成立するできるようサポートしてくれる不動産に支払うお礼金のようなものです。

その他、火災保険や任意で鍵交換等の費用がかかります。

項目 費用
賃貸料 60,000円
敷金2ヶ月礼金2ヶ月 240,000円
仲介手数料1ヶ月 60,000円
火災保険 15,000円
鍵交換 10,000円
合計 385,000円
【スポンサードリンク】

引っ越し費用

引っ越し会社に依頼した場合、一人暮らしの引っ越しの相場は、平均3~6万円で、荷物の量や引っ越しの時期にもよるようです。

今回は、引っ越しの繁忙期を避け、荷物も少なめということで、3万円はかかるとしておきましょう。

生活用品

テレビや冷蔵庫等、必要な電化製品は意外と多く金額も安くはありません。

さらに布団やカーテン等の備品を揃えることになります。

なるべくお金のかからない新生活応援セット価格を購入したとしても、約20万はかかるのではないでしょうか。

では、合計額を計算してみましょう。

住居費 385,000円
引っ越し代 30,000円
生活用品 200,000円
合計 615,000円

まとめ

憧れの一人暮らしをするには、意外とお金がかかります。

社会人の場合、会社から引っ越し費用の一部が支給されることがあるので、その場合には、少し実費を抑えることが出来ます。

初期費用を抑えるために家具などは、リサイクルショップ等で買いそろえるのも一つの手です。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ