タオルの黒ずみの原因はなに?

【スポンサードリンク】

いつものように洗濯をしているのになぜかタオルに黒ずみって出来てしてしまいませんか?

『まさか、うちだけ?』

『洗濯方法が間違っているのかな?』

このような不安な声も多くありますが、一体、タオルの黒ずみの原因は何なのでしょうか?

原因さえわかれば、あとは対処するだけです。

今回は、タオルの黒ずみの原因について調査しました。

タオルの黒ずみの原因

以前、タオルの黒ずみは重曹で煮洗いするのが効果的?カビの臭いもなくなる?でもご紹介しましたが、黒ずみの原因は、『洗濯洗剤や柔軟剤の入れすぎ』、『洗浄力不足』と言われています。

柔軟剤を使うことで衣類に匂いがつきにくく、更にはいい香りを維持できるとして、機能の高い柔軟剤を好む人も多いようですが、たくさん入れればいいというものではありません。

逆に柔軟剤が表面をコーティングしてしまい、黒ずみが濃くなっていくばかりです。

また、洗濯石鹸も同様、必要以上に入れてしまうと黒ずみの原因になります。

そして、できれば、すすぎは1回ではなく、2回がいいですね!

ちなみに液体洗剤よりも粉石けんの方が残留も少なく、洗浄力が強いことをご存知でしょうか?

筆者も洗濯洗剤なら絶対に液体派でしたが、実は粉石けんの方が残留が少なく、洗浄力も高いことを知り、粉石けんに切り替えました。

ただ、粉石けんも溶け残りやすいといいます。

溶け残りが蓄積されると今度は洗濯機内のカビが発生する原因となるので、『きちんと溶かして使用する』というのがポイントです。

また、洗濯機の形状でも黒ずみが出来やすいタイプがあります。

節水機能が嬉しいドラム式洗濯機は、裏を返すと汚れを再付着しやすいので、縦型洗濯機よりドラム式洗濯機の方が黒ずみやすいようです。

いかがですか?てっきり、汚れの度合いによって洗濯洗剤の量を調節していたという人や柔軟剤を入れれば入れるほど効果が出ると思っていた人など、これを機に洗濯洗剤や柔軟剤の量を加減してみるといいかもしれません。

液体洗剤と粉の洗濯石鹸の違い

筆者も驚いた液体洗剤と粉石けんの洗浄力ですが、実は、汚れによって使い分けることで、より満足のいく洗濯ができます。

まず、粉の洗濯石鹸ですが、主成分はアルカリ剤なので、泥汚れに強い成分とされています。

つまり、頑固な泥汚れは、迷わず粉の洗濯洗剤を使用すればすっきり落とせるということです。

また、目には見えないけど衣類等に付着している汚れは酸性が多いので、これらもやっぱり粉の石鹸の方が洗浄力が高くなります。

一方、界面活性剤を多くに含みアルカリ剤はわずかしか入っていない液体洗剤は、脂と水を混ぜるのに最適なので、皮脂汚れに効果的な洗剤です。

とはいえ、洗浄力では粉洗剤に劣るので、汗をあまり欠かない冬の時期におすすめな洗剤です。

家族や季節によって使い分けてみるといいかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

柔軟剤の代用品

柔軟剤のような役目を果たしながら、洗濯機のお掃除にもなる柔軟剤の代用品をご存知でしょうか?

実は、自然派の知っている人だけが実践している裏技なのですが、スーパーなどで手に入る『穀物酢』を柔軟剤の代用品にしているのです。

方法はとても簡単です!

柔軟剤を使用する方法と同様、柔軟剤の投入口にお酢を入れ、あとはいつも通りでオッケーです。

二層式洗濯機をお使いの場合は、すすぎが終わったら、お酢を入れて、再度軽くすすいでください。

また、ドラム式洗濯機の場合は、少量のお酢を使用してください。

もちろん、柔軟剤と兼用して使用しても大丈夫です。

『お酢と一緒にお洗濯?』

と、驚かれるかもしれませんが、洗濯後はお酢のツンとした匂いはもちろんありませんし、以下のような効果が期待できます。

・脱臭効果
・洗濯機のカビ退治、カビ予防

経済的な上に環境にも優しく、嬉しい効果があるお酢を柔軟剤の代用品にしてみる価値がありそうですね!

筆者も早速試してみよう思います。

まとめ

タオルの黒ずみの原因は、洗濯洗剤や柔軟剤の入れすぎ、または洗浄力不足などでした。

洗濯石鹸に関しては、粉の洗濯洗剤の方が洗浄力が高く、泥汚れや目には見えない衣類の汚れには適した洗剤です。

一方、皮脂の汚れには液体洗剤の方が有効ですが、粉の洗濯洗剤より洗浄力は低いようです。

また、柔軟剤の代替品としてお酢を利用する裏技があります。

使用方法は柔軟剤と同じなので簡単です。

お酢を使用することで洗濯機のお掃除にもなるので、経済的でありながらも環境にやさしい代替品となります。

湿気の増える季節をむかえる今、お洗濯方法を見直す機会にしてみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ