幼稚園と保育園の違いは?料金はどちらがお得?給食はある?

【スポンサードリンク】

筆者は、子供が2歳3ヶ月になってから幼稚園に通わせています。

2歳を過ぎ、比較的言葉の出が早かった子供が、幼稚園バスを見るたびに『幼稚園行きたい!』というので、幼稚園見学に行ったのがきっかけでした。

親として、子供が『楽しい』と感じ、『行きたい』という幼稚園が見つかれば、入れてしまってもいいかなという楽天的な考えでした。

2歳3ヶ月というのは、ちょうど始業式があった4月時点で2歳3ヶ月だったという単純な理由ですが、最近では、3歳未満のクラスを儲ける幼稚園も増えているようです。

さて、そんな幼稚園ですが、家庭の環境や都合により『幼稚園』の他に『保育園』という選択肢があります。

どちらも子供を預かってくれる場所として、多くの子育て世代が利用する施設と言えるでしょう。

しかし、幼稚園と保育園というのは、運営の目的、預かり時間、料金、給食をはじめとする様々なところで違いがあることをご存知でしょうか?

少し前に保育園に落ちたことを綴ったブログが話題になりましたね。

保育園ダメなら、幼稚園入れればいいのに!

なんて思った方もいるかもしれませんが、親の事情や家庭の環境によっては、『保育園』の方が便利という場合があります。

そう、働いている保護者として、預かってもらえる時間はもちろん、料金や給食というのがポイントなのです。

今回は、そんな『幼稚園』と『保育園』の違いについて解説します。

『幼稚園』と『保育園』の違い

保育園と幼稚園ではどちらが良いの?と、ついつい質問したくなりますが、はっきり言ってどちらが良いというのはありません。

というのも、保護者である親のライフスタイルや教育に対する考え方などによって、その答えは様々だからです。

それでは、保育園と幼稚園の違いを見ていきましょう。

運営の目的

そもそも幼稚園というのは、文部科学省が管轄する教育施設で、就学前の『教育』を運営の目的にしているのに対し、保育園は、就労に伴い保育に欠ける子を育成する厚生労働省管轄の福祉施設です。

保育年齢対象

最近では3歳未満も受け入れてくれる幼稚園が増えたものの、一般的には満3歳からなのに対し、保育園は0歳からとなっています。

標準保育時間

標準的な保育時間は施設ごとで異なりますが、幼稚園は9時~14時までの4時間で、保育園は7時半~18時くらいまでの8時間です。

保育園は長時間子供を預かり、保育してくれますが、保護者が就労しているというのが条件です。

【スポンサードリンク】

保育料金

幼稚園の場合は私立と公立によって異なります。

例えば、私立であれば設置者が、そして公立であれば自治体が設置します。

保育園の料金に関しては、自治体や保護者の所得状態に応じて設定するようになっています。

地域によって異なりますが、例えば、収入300万の家庭では、月額が19,500円なのに対し、年収800万では月額60,000円であったり、保育園に2人以上子供をあずければ2人目は半額、3人目は無料等といったところもあるようです。

また、子育て支援に力を入れている自治体であれば、補助金が出ることもあるので、住む場所によって変動するのが特徴です。

給食

幼稚園では『任意』としていて、義務ではありません。

幼稚園によっては、毎日お弁当というところもあれば、週に2,3回お弁当であとは給食というところもありますし、中にはお弁当はなしで給食のみという幼稚園もあります。

一方、保育園は給食は義務となっています。

まとめ

子供を預けるという意味では、一見、『幼稚園』も『保育園』も同じような施設のように思えますが、幼稚園と保育園は全く違います。

基本的には、『保護者の事情により、保育に欠ける』状態であるかどうかによって、どちらを選択するか考える第一ステップとなります。

なお、保育園に関しては、両親が仕事に就いていることが条件の一つとされていますので、希望者が誰でも入園できるわけではないと知っておきましょう。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ