食べ過ぎて下痢になるのはなぜ?下痢になると体重が太らないって本当?

【スポンサードリンク】

scale
食べ放題に行くと、ついつい食い意地が出てしまい、食べ過ぎてしまうということはありませんか?
しかし、短時間に体が受け付けない程食べてしまうと、胃に負担をかけるばかりではなく、下痢等を引き起こす原因となってしまいます。
時々、なぜだか『食べ過ぎで体重が太らないか心配で、むしろ下痢として排出してくれる方がいい』という方がいますが、本当に太らないというメリットがあるのでしょうか?
今回は、食べ過ぎが原因で下痢になってしまう理由となぜ下痢をすると体重が太らないといわれているのか調べてみました。

食べ過ぎが原因で下痢になる理由

食べ過ぎ、食べ過ぎでないに限らず、食後に便意を感じたことはあると思います。
これは、食べ物を口にしてから、どのように身体の中で吸収されて排泄されるかの仕組みがわかると大変わかりやすいです。
まず、食べ物を口にすると胃袋へ流れていき、小腸で消化・吸収されます。そして、盲腸から上行結腸へ進むのですが、この間で、食べ物に含まれる水分を脱水されます。
つまり、盲腸の時点で、食べ物は、水分が多い状態になっており、水分が脱水されないままだと、下痢状態で排出されていくということです。
また、脱水後の食べ物は、横行結腸、S状結腸、直腸と進んでいきます。実は、横行結腸から直腸へ動くのは、食後だけに限られているため、食後に便意を催すことが多いというのです。
さて、食べ過ぎで下痢になってしまう理由ですが、食べ過ぎることで、この横行結腸から直腸が非常に活発になり、盲腸から脱水されるはずの食べ物が、便として排出されるため、下痢となってしまいます。
特に油物は、消化しにくいことから、下痢になりやすいといいますので、ちょっとした心がけが、下痢防止となりますね。

下痢をすると体重が太らない理由

下痢になる理由は、盲腸から上行結腸の間で食べ物に含まれる水分の脱水が完了しないまま排出されてしまうからと説明しましたが、ここで水分が吸収されていなため、体重として増えることもない事になります。
ただ、水分が吸収されないということは、栄養も吸収されなかったことになるので、下痢が続く場合は、水やスポーツドリンクなどで水分補給することをおすすめします。
また、中には、下痢をして1キロ増えたという方もいます。つまり、個人差があり、下痢をすれば必ず体重が減るということはないようです。

【スポンサードリンク】

食べ過ぎによる下痢の対処法

食べ過ぎによる下痢で体重が太らない!という喜びの前に辛い思いする方も多いはず!
食べ過ぎて下痢をする時点で、「体が受け付けていない」程食べてしまったことを知りましょう。
人間は、食べ物を摂取し、胃で消化しますが、短時間に過剰摂取することで、害が出るため、下痢などの症状を自ら引き起こし、排出しようとしているのです。
つまり、食べ過ぎてしまった場合は、それ以上、食事をとらないという方がいいです。
また、食べ過ぎによる下痢は、同時に水分も出てしまい、水分不足になりがちです。
なるべく頻繁に水分を飲むようにしましょう。
しかし、同じ水分でもコーヒーやお茶は、食べ過ぎの状態を悪化させてしまいます。
これは、コーヒーやお茶に含まれるカフェインという成分で利尿作用が働いてしまい、腸内にも悪影響を及ぼしてしまい、下痢が酷くなってしまいます。
食べ過ぎた時の水分補給は、水がいいでしょう。
もちろん、お酒もよくありません。食べ過ぎによる下痢をしている状況を知らない人からとはいえ、お誘いは控えましょう。
ちなみにお腹が痛むときは、お腹を反時計回りに撫でると痛みが和らぐようです。お腹が痛い場合は、試してみるといいですね。
また、気分の悪い場合は、横になって休むことも大切です。

まとめ

食べ過ぎで下痢になってしまうのは、食べ過ぎにより横行結腸から直腸の間の動きが非常に活発になり、脱水されるはずの食べ物が、脱水中に便として排出されるためです。
また、脱水されず、体から排出されてしまうと、吸収するものもなく、逆に体重が減ってしまうということが多いようです。
ただ、個人差があるので、中には、1キロ太ったということもあるようですので、一概に『下痢をすると体重が減る』というわけではなさそうです。
また、原因関係なく、下痢が続く場合は、脱水症状を避けるため、水分補給をしましょう。
ただし、コーヒーやお茶で水分補給をしてしまうと逆効果になってしまいます。
必ず、水で水分補給をし、お誘いを受けてもお酒は控えましょう。
食べ過ぎによる下痢で、お腹が痛む場合は、お腹を反時計回りに撫でるといいようです。
痛みを感じる方にはお勧めです。
また、気分が悪い場合は、できるだけ体を横にして休む方がいいでしょう。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ