お見舞い金の相場は?親や親戚、友人、上司と金額の常識は?

【スポンサードリンク】

8caac1f83f1b6c28b93e3096af368ace_s

親、親戚、友人、上司等、自分にとって特別な存在である人が突然入院したと聞き、一刻も早くお見舞いしなくちゃ!と思うかもしれません。

ですが、ちょっと待って!お見舞いするにあたり、お見舞い金の相場やお見舞いにNGな品物ってご存知ですか?

相手を思ってのお見舞い品が、残念なことにならないよう、今回は、知っていて損をしない一般的な親、親戚、友人、上司に対するお見舞い金の相場とお見舞いにもっていくにはNGな品物のご紹介をいたします。

お見舞い品とお見舞い金、どっち?

まず初めに『お見舞金』とは、いったい何なのかをご説明します。

入院された方のお見舞いといったら、「お見舞い品」や「お見舞い金」という言葉が頭に浮かぶかもしれません。

相手が、親戚以上といった関係の場合にお見舞い金を渡すことが多いようですが、実は、特に決まりきったルールはないようです。

お見舞い品・お見舞い金、どちらも相手をお思ってのものですから、気持ちの問題ですよね。

どんな品物が相手に喜ばれるのか分からないという場合は、見舞金という形で直接役立てていただこうというのが「お見舞い金」という考えのようです。

ただ、場合によっては、見舞金を渡すことにおいて相手を困らせたり、悩ませてしまう場合もありますので、そのような場合は、お見舞い品というほうが無難かもしれません。

お見舞い金の相場

親戚以上の間柄であれば、「お見舞い金」を渡しているという方が多いのが一般的ということですが、お見舞い金の相場って気になりますよね。

自分から見た関係性で、親、兄弟、祖父母、孫を含む親族に当たる場合は、5,000~10,000円、友人の場合は、3,000~5,000円、上司を含む仕事関係者の場合は、3,000円が、一般的な見舞金の相場のようです。

ただ、金額が相場の範囲内であったとしても「4(死), 6(無), 9(苦)」が絡む金額はタブーですので、気を付けましょう。

また、お見舞い品の場合もお見舞い金の相場を参考にするといいようですよ。

【スポンサードリンク】

お見舞い品としてNGなもの

さて、当事者に対する間柄によってお見舞い金の相場があり、お見舞い品も相場の金額範囲で用意するといいというお話をしましたが、お見舞い品としてNGなものをいくつか取り上げてみたいと思います。

まず、お見舞いにはお花を連想される方も多いはず!受け取る側によっては、とても喜ぶかもしれませんが、あくまでも相手は入院をしていて、体調が万全でないことを念頭に置いておきましょう。

NGなお花

・匂いがきつい花(ユリなど)
・告別式を連想させる縁起が悪いとされる花(菊など)
・花の首から落ちるため、縁起が悪いとされる花(椿)
・血を連想させる赤い花(バラなど)
・「根がつく」という意味から「寝付く」を連想させる花(鉢植え)
・細菌が繁殖しやすい花瓶を必要とする花束

お見舞いにお花を持っていかれたい場合は、まずは病院にもっていいか確認し、相手が好きな花や生花でないブリザードフラワーを選ばれるのが無難かもしれませんね。

次にお見舞い品としてのNG食べ物にも注意しましょう。

・なまもの
・揚げ物
・食事制限、食品アレルギーなどに影響するもの

上記、どれも特に体調不良であれば、避けるべき食べ物です。

食事制限やアレルギーを避けたうえで、相手の好むものや日持ちのするもの、果物などは食べきれるくらいの適量にされると喜ばれるのではないでしょうか。

また、大切な人へのお見舞いとは言え、長々と居座ると相手も疲れてしまいます。できるだけ、30分以内で失礼するようにするといいでしょう。

まとめ

お見舞い金やお見舞い品には、決まったルールはないといいます。

また、お見舞い金・お見舞い品は、もちろん相手を思ってのことですので、どちらかにするかは気持ち次第でいいことになります。

ただ、相手にとって嬉しい品物が何かわからない場合は、直接役立ててもらおうということで「お見舞い金」を渡すという考えもあるようです。

ちなみに相場は、親族には5,000~10,000円、友人の場合は、3,000~5,000円、上司を含む仕事関係者の場合は、3,000円といわれていますが、例え相場内の金額でも「4(死), 6(無), 9(苦)」が絡む金額はタブーなので、注意が必要です。

また、お見舞い品を選ぶ際もこれらの相場を参考するといいでしょう。

なお、お見舞い品の場合は、渡してはNGな品物もあるので、あくまでも相手は、体調が万全ではなく、場合によっては食事制限があることを念頭に選びましょう。

臭いがきつい花、保存しにくい食品、又は入院を長引かせてしまうことを連想するような品物は避け、適量で日持ちのするものや相手が喜ぶものを選ぶといいですね。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ