鼻毛が太いし長いのはなぜ?抜くのはダメ?

【スポンサードリンク】

体毛というのは、男女問わず永遠の悩みの一つといっても過言ではありません。

中でも『鼻毛』というのは、人と話すときに目に入る場所であり、目立つところでもありますよね。

どちらかといえば、鼻毛が『太い』、または、『長い』等と目立ちます。

そもそも、なぜ鼻毛というのは太いのか?また、長いのか?

それぞれどんな意味があってのことなのか気になりますが、どのように処理するべきかも知りたいところですよね。

中には、毛抜きで抜くという人もいるようですが、筆者は痛そうで真似できません。

今回は、なぜそんな鼻毛が太くて長い理由となぜ鼻毛処理は抜くのがいいのかを徹底調査しました。

鼻毛の役目

基本的に体毛とは、体を守るという重要な役割を果たしています。

中でも鼻毛は、空気を鼻から呼吸する際、フィルターのような役目をして、微粒子や塵埃を絡めとることで異物が気管支に入る込むのを防ぐ等しています。

鼻毛が太かったり、長い理由

鼻毛がなければ、ゴミ等が直接鼻を通って口の中に入ってきてしまうので、鼻毛が太かったり、長かったりするのは、それなりの理由があります。

太い鼻毛

鼻毛が『太い』のは、主に『男性ホルモン』の影響だとされています。

そういえば、女性に比べ、男性の方が鼻毛って太くないですか?

これは、男性の方が、男性ホルモンが活性化し、そして男性ホルモンをたくさん持っているからなのです。

男性ホルモンとは、心身を男性らしくするためには必要不可欠なホルモンであり、体毛を濃くする作用が働くので、結果的に鼻毛が太くなるのです。

ちなみに男性ホルモンが少ないとされる女性でも鼻毛が太いという場合は、何かしらの理由でホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが活性化してしまっている状態のようです。

その他、『加齢』も原因の一つとされています。

年を重ねることで、毛も太くなるのは、『ヘアサイクル』が影響されているようです。

【スポンサードリンク】

長い鼻毛

また、鼻毛が『長い』理由は、なんと『大気中の汚れ』が原因だそうです。

調べてみたところ、鼻毛は都会に住んでいる人ほど長い傾向にあるようです。

というのも都会は、田舎に比べ、多くの人や車が行き来していてる他、高層ビルもたくさんあるので空気も汚れています。

そんな空気を吸っていることで、鼻の機能は活性化し、鼻毛が長くなっていくそうです。

ちなみに鼻毛の長さにも男性ホルモンは大きく関係していて、男性ホルモンが活性化すればするほど鼻毛はグングン伸びていくそうです。

つまり、女性より男性の方が長い傾向にあるということです。

鼻毛の処理方法

鼻毛に限らず、ムダ毛の処理は、一般的に『抜く』、『切る』そして『剃る』の3つの方法があるかと思います。

眉毛のようにそれほど大きな範囲で毛が生えていない部分であれば、抜いたり剃ることが多いと思いますが、鼻毛はどうでしょうか?

鼻毛カッターというものが存在する以上、切るという方が多そうですね。

中には、『抜く』という人もいるかもしれませんが、鼻毛に関しては、抜くのはあまりお勧めできません。

というのも、鼻の穴の毛髪は、毛穴の奥にある『毛乳頭』という部分から生えています。

毛乳頭は、神経や血液とも繋がっている皮膚の一部ですので、毛を抜くということは、毛乳頭から無理やり毛を引き抜き、皮膚を傷つけるということになるのです。

万が一、傷ついた毛乳頭から菌が入り込んでしまったら、『毛嚢炎(もうのうえん)』と呼ばれる炎症を引き起こしてしまいますので、鼻毛は抜かないのが一番です。

また、鼻の中を剃るのも鼻の穴の中を傷つける恐れがあるので、切って処理することをおすすめします。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ