新年の挨拶はいつまでするの?メールやビジネスで使う時の常識

【スポンサードリンク】

kadomatu

毎年、新年を迎えると年賀状や年賀メールで新年の挨拶をする方も多いですが、新年の挨拶はいつまでするものなのか悩ましいですよね。

区切りを知らないと、いつまでも続けてしまいますので、一般常識は知っておきたいものです。

また、メールやビジネスでの新年の挨拶も、気を付けたい点がいくつかあります。

今回は、新年の挨拶にまつわる知識とメールやビジネスで使う時の常識についてまとめてみました。

新年の挨拶を送る期限

年賀メールを含め、一般的には、新年の挨拶状は、1月7日(松の内)までが送る期限とされています。

なお、暦の上では、元旦が大正月、1月15日が小正月と呼ばれており、この15日までは、門松などのお飾りを飾っておく期間にもなっている為、地域によっては、1月15日(小正月)まで年賀状や挨拶メールを送るようです。

どちらにしろ、新年のあいさつは早い方が良いので、1月7日までに送るというのが無難とも言えます。

また、ビジネスにおいては、仕事はじめの日に新年の挨拶メールを送るのがいいとされています。

あまり遅くに送っても失礼になるので、取引先等への挨拶回りをする前に、取り急ぎメールにてご挨拶をするといいでしょう。

新年の挨拶メールで挨拶回りのアポイントメントを取るという方法もありますので、早めに送っておく方が安心です。

【社内向け】 年始挨拶のメール例文

件名:年頭のご挨拶

関係者各位

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、〇〇部の皆様には大変お世話になりました。
私が担当しました△△プロジェクトにおいては、皆様のご協力のおかげで無事にやり遂げることが出来ました。
深く感謝しております。
引き続き、プロジェクトの拡大に向け、邁進していきたいと思いますので、
本年も変わらぬご支援の程、宜しくお願い致します。

今年もチーム一丸となってお互い頑張りましょう!

平成○○年 元旦

【社外向け】年始挨拶のメール例文

件名:年頭のご挨拶

〇〇〇〇株式会社 △△部
□□様

お取引先様各位

新年あけましておめでとうございます。

昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

本年も、より一層のご支援を賜りますよう、
従業員一同心よりお願い申し上げます。。

平成○○年 元旦

【スポンサードリンク】

ビジネスの場合のマナー

新年の挨拶回りは、仕事がはじまったら、早めに済ませたいものです。

もちろん、スケジュールの関係上、遅くなってしまう場合もありますが、「あけましておめでとうございます」というのは、仕事始めの1週間が目安だそうです。

そして、その後は、「今年も宜しくお願い致します」とするのが良さそうです。

なお、1月15日までは新年の挨拶をする地域であれば、仕事始めの最初の1週間という目安関係なく地域のルールや風習に従うようにしましょう。

あまり目安が分からず、困った場合は、「今年も宜しくお願い致します」で留めておくのが無難でしょう。

ただ、相手が、喪中であることもあります。先方から「あけましておめでとうございます」といわれた場合のみ、ご挨拶を返すという方法もあります。

最後に取引先などへ訪問し、担当者が不在だった場合に「謹賀新年」と朱印した自分の名刺を置いていくことがあると思いますが、その際に名刺が折れていたり、印が掠れていたりすると失礼です。

状態のいい名刺を置くようにしましょう。

取引先向けの年始の挨拶例文

あけましておめでとうございます。
昨年中は、大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ビジネスの場合の注意点

次にビジネスで送る新年の挨拶メールですが、「BCC」等で一斉に送信しないようにしましょう。

そもそも「年賀状」というものは、直接伺うことが出来ない方に対しての新年の挨拶状であり、年賀メールとは、更にそれを略式したものです。

受取側が、一斉送信しているメールだと分かってしまうと、とても残念です。

少し手間はかかりますが、本文などはコピペはしても、件名や宛名は入力し、本文にも個別に要件等を入れる等パーソナライズすると良いでしょう。

まとめ

新年の挨拶は、年賀状や年賀メールであれ、「昨年の感謝」及び「本年もよろしくお願いします」という気持ちを伝えるものです。

年が明けてから、できるだけ早く送るほうが良いでしょう。

地域によっては、1月15日まで新年のあいさつをする場合もありますが、遅くても1月7日までに先方に届くよう送るのが無難です。

また、同じ会社で働く仲間や遠方の取引先に関しては、メールでの挨拶をおすすめします。

特に同じ会社で働く仲間達には、「今年も一緒に頑張っていこう」と言った気持をこめた内容にカスタマイズすると良いでしょう。

新年の挨拶で、お互い気持ちの良い年始をスタートできるよう「伝えるタイミング」と「言葉」に配慮をできるといいですね。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ