朝の吐き気の原因は?ストレスからきている?

【スポンサードリンク】

cry

朝、目が覚めると吐き気を感じて起き上がれなかったり、無理に動こうとすると吐きそうになるということがあります。

朝食は食べることもできないし、そもそも布団から起き上がれないってこともあるでしょう。

この朝に感じる『吐き気』の原因は一体何なのでしょうか?

病院でも病気が見つからないという場合は、『ストレス』が原因といわれることが多く、ストレスが長く続くと『うつ病』につながるケースもあるようです。

『うつ病』にまで発展してしまうと治療にも時間がかかりますし、なんとかうまく日頃の『ストレス』を発散し、朝から気持ちよくスタートしたいですよね。

今回は、朝の吐き気の原因とストレスがうつ病にまで発展しないための対処法について解説します。

朝の吐き気の原因

お酒の飲みすぎ

寝起きに感じる吐き気というのは、お酒の飲みすぎ等、前夜に無理をすると就寝中に胃に負担がかかり、胃腸が気持ち悪くなって翌朝に吐き気を感じてしまうというケースがよくあります。

寝起きの気持ち悪さや吐き気を感じたら、前夜のことを思い出してみましょう。

思い当たるところはありませんか?

病気的原因

また、胃炎や逆流性食道炎等の病気による症状の場合も吐き気や、実際に嘔吐をするといった症状があります。

このような症状が続くようであれば、専門医に見てもらいましょう。

ストレス

病院にいっても病気が見つからないときは、『ストレス』が原因とも考えられます。
例えば、責任感が強くて、任された仕事を断れなかったり、相手に自分の本音や欲求を伝えることを控えめな方、更に休日であっても仕事のことばかり考え、休日出勤をしてしまったり、細かいところが気になる性格の方は、ストレスを感じやすく、よって知らないうちにストレスをため込んでいる可能性があります。

そして、朝の気持ち悪さから、(ストレスの原因となっている)仕事に行きたくならなかったり、やる気が出なかったりと感じるのです。

ストレスによる朝の吐き気や嘔吐は、まじめな人ほどうつ病になりやすいといいます。

それは、責任感が強かったり、まじめな性格の人は、身体の緊張状態が続く傾向にあります。

身体の緊張状態が続くと血行が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなるので、身体の不調が連動し、気分的にも沈みやすかったり、寝起きに吐き気を感じてしまうのです。

【スポンサードリンク】

うつ病を食い止めるには

それでは、ストレスからうつ病にならないようにするためにも症状を和らげる方法をいくつかご紹介します。

アロマオイル

即効性のある対処法とはいきませんが、ペパーミントや柑橘系のオイルで吐き気やむかつきを抑えることが出来るようです。

オイルをハンカチやマスクに少量含み、香りをかぐという簡単な方法です。

水を飲む

朝起きたら、水を飲むということも有効です。

水を飲んで、欠陥運動を正常に戻すことで、朝の不調が緩和することが出来るようです。

カウンセラーに頼る

アロマオイルや水では、全く改善されないようであれば、カウンセラーに頼るというのも対処法の一つです。

脳、身体、精神医学の知識を持ったカウンセラーに話を聞いてもらうことでストレスも緩和していき、自分とストレスの関係等に対しても自覚を強めていくことが出来るでしょう。

知らないうちにストレスが溜まっているというケースもあります。体の不調が気になったら、誰かに頼るということをしてみましょう。

まとめ

朝の吐き気は、暴飲暴食、病気的原因、又はストレスなど様々な原因があります。

特に前夜にお酒を飲みすぎて翌朝に吐き気を感じてしまうというようなケースは、自らコントロールすることで避けられることができますが、場合によっては、専門医やカウンセラーに頼る必要があることもあります。

特に胃炎や逆流性食道炎等の病気による吐き気や嘔吐は、続くようであれば、必ず専門医に診てもらいましょう。

また、ストレスが原因による朝の吐き気は、対処をしないでいると「うつ病」になってしまうことがあるといいます。

ストレスは、自分では気づかないうちに溜めてしまっていることも多いといえます。

特に親しい人との死別や離婚、あるいは、病気などといった悲しくて苦しい出来事がストレスになってしまうこともあれば、昇進や結婚、又は子供の独立等といった明るい人生の転機であってもそれが急激な変化となり、自分の生活に大きな影響を及ぼす場合は、対処することも渦かしく、結果的に大きなストレスとなり、うつ病の原因になることもあるのです。

このようにストレスからうつ病にならないようにするためには、アロマオイル等で吐き気や胃のむかつきを抑えたり、朝起きたら水を飲み、欠陥運動を正常の戻すなどといった習慣を生活に取り入れてみることから始めてみましょう。

また、脳、身体、精神医学の知識を持ったカウンセラーに話を聞いてもらうということもいいでしょう。

目に見えないストレスだからこそ、身体の不調を感じたら、誰かに頼るということも大切です。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ