空腹時に血糖値が低い!糖尿病の可能性がある?

【スポンサードリンク】


「甘いものばかり食べていると糖尿病になる!」

誰もが一度は聞いたことあるようなフレーズですよね。
糖尿病の原因として、長期的な炭水化物や糖質の過剰摂取、肥満、まとめ食い、運動不足などが挙げられますので、確かに糖を過剰摂取してしまうと身体によくありません。

しかし、そんな糖でも足りないと『低血糖』になってしまいます。

低血糖とは、血液中のブトウ糖が少なくなり『血糖値』が低い状態のことをいい、血糖値が60~70mg/dl以下の場合とされています。
食事が足らず、空腹時の時になりやすいとも言いますが、一体『血糖値が低い』状態になるとどのような症状があるのでしょうか?
今回は、この空腹時になりやすいという『低血糖』と糖尿病との関連性について調べてみました。

血糖値が低くなる原因

実は、糖尿病の治療に使用されるインスリンの過剰投与、内服薬の使用量過多に加え、食事摂取不足、抗不整脈薬やアルコール摂取等が原因と言われています。
また、胃切除後のダイピング症候群、胃下垂、インスリン感受性の高い人等も『反応性低血糖』にかかりやすいといいますが、食事の摂り方等での予防が可能とされています。
このような原因をみていくと「特に服用している薬はない」「手術もしたことなければ、胃下垂でもない」等と自分には無関係だと思われがちですが、実は、誰もが低血糖になってしまう可能性があります。
例えば、早朝の空腹時低血糖等、自然に治るので気づかない場合が多いようです。

低血糖の症状

では、血糖値が低くなってしまうとどのような症状が出てくるのでしょうか?
血糖値は、緩やかに下がる場合と急激に下がる場合があります。
血糖値が緩やかに下がる場合は、中核神経症状の強い表れとされていて、集中力がなくなる、意識混濁、酷い眠気、頭痛、昏睡状態、おかしな行動、痙攣などがあります。
また、血糖値が急激に下がるということがあれば、それは自律神経症状の強い表れといえるようです。
空腹、動悸、震え、不安、発汗に加え唇の乾燥等の症状が出てきます。
とはいえ、中には、本人が自覚していないこともあり、そのような状態を『無自覚性低血糖』といいます。
本人が自覚していないため、知らないうちに何度も低血糖を起こしてしまうこともあるようです。
ただ、糖尿病神経障害と無自覚性低血糖を合併してしまうと命の危険を及ぼすこともあるので、怖い病気の一つだと認識しておきましょう。

低血糖になりやすい環境

以下のような状況が低血糖になりやすい環境を作ってしまいます。
・少ない食事量
・少ない食事の回数
・不規則な食事の時間
・空腹時
・インスリン効果が強い時間の激しい運動
・普段より動いている
・インスリン分泌過多
・肥満
・過剰なアルコール摂取 等
また、加齢と共に症状が強くなるのが低血糖で、場合によっては意識を失うことがあります。
特に高齢者の場合は、高血糖よりも低血糖の方が危険と言いますので、少し高めに基準値を設定するといいようです。

【スポンサードリンク】

低血糖の予防

日頃から低血糖を起こしやすい状態にならないよう自己管理が重要になってきます。
特にインスリン注射をしている場合、病院から血糖値を下げる薬を処方され、服用している場合は、低血糖になりやすいことを自覚しましょう。

例えば、血糖値を下げる薬を服用していながら、いつもより食事量が少なかったりすると、普段より血糖値が上がっていないのにも関わらず、薬の作用で糖が下がりすぎてしまい低血糖を引き起こしてしまう可能性があります。
このように日頃からの自己管理が必要となってくるのです。
とはいえ、急に低血糖になってしまうと自身で対処ができないこともあります。

家族や周囲の方に低血糖を知ってもらい、協力してもらいましょう。

また、定期的に血糖値を測ることで、自分の血糖値がどのような状態で正常値になるか等を知り、結果的にそれが予防になります。
もしよく動くことを予定していれば、時々糖分を摂り、血糖値を下げすぎないようにするなどといった意識も芽生えるでしょう。

低血糖の対処法

もし低血糖になってしまったら、できるだけ早く「糖」を摂取し、血糖値を上げましょう。
といっても、「飴」や「ジュース」は最善の「糖」にはなりません。
飴は手軽に持ち歩けてサッと口に入れられるのですが、実は、溶けるまでに時間がかかり、吸収にも時間がかかります。そのため、緊急時にはあまり頼れないというわけです。
またジュースも最近は糖分が少ないものが多く、低血糖に必要な「ブトウ糖」が必ず入っているとも限りません。
そのため、低血糖には「ブトウ糖」が一番と言われています。
ブトウ糖は、お菓子などのような美味しい甘さではないため、常備していても「ついつい食べてしまった」ということもなく、常備しておくのに最適です。
低血糖になってしまったら、すぐにブドウ糖を摂取し、身体を安静にし、早くブドウ糖を腸に送るために右を下にして寝ましょう。

まとめ

糖尿病にならないように「糖分」を控えるというのが健康的だと言われていますが、糖が足りていないと『低血糖』を引き起こしてしまうことがあります。
つまり、生きていくには適量の糖分が必要で、ストイックに糖を摂取しないのは危険ということです。
低血糖は、食事の量が少なかったり、空腹時の他、インスリン効果の強い時間に激しい運動をしたり、インスリン分泌過多等といった環境に影響されやすく、加齢とともに症状が強くなっていきます。
高齢者の場合は、低血糖になると危険なので、基準値を高めに設定するといいようです。
また、低血糖は、誰にでも起こる可能性があり、空腹時の時など、症状を自覚していないことがあります。
もし低血糖になってしまったら、「ブドウ糖」を摂取し、横になって安静にしましょう。
また、低血糖は、症状によっては記憶を失い倒れてしまったり、昏睡状態になってしまいます。
日頃から血糖値を測り、自己管理をしたり、万が一に備え、ブドウ糖を携帯する等の対処法を備えておくと少しは安心かもしれません。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ