タオルの黒ずみの予防策はある?原因はなに?

汚れた衣類は洗濯機に入れてスイッチオン!

あとは、洗濯機に任せちゃおう!

確かに洗濯機の役目は、汚れた衣類を綺麗に洗うということです。

しかし、洗剤や柔軟剤の使い方を間違えたり、洗濯槽のお掃除をしていないとタオルの黒ずみの原因になってしまうことを知っていますか?

洗濯機も使い方によっては、逆に衣類を汚してしまうことがあるのです!

そんなタオルの黒ずみを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、タオルの黒ずみの原因と予防策について解説します。

【スポンサードリンク】

タオルの黒ずみの原因

洗濯機とはいえ、洗濯洗剤を入れても汚れを100%落としきれるわけではありません。

ちょっとしたことが、黒ずみの原因となっているわけですが、これらの原因を知り、今すぐ正しい方法で洗濯をするのが一番の予防策でもあります。

それでは、原因をみていきましょう。

汚れや洗剤の蓄積

洗濯をするときに投入する洗剤や柔軟剤ですが、効果を高めようと多めに入れていることはありませんか?

確かに洗剤を多めに入れることで泡立ちもよくなり、柔軟剤を増やすことで匂いもつきやすくなります。

しかし、洗剤や柔軟剤がすすぎきれないと、逆に汚れとして衣類に残り、これが黒ずみに変化するのです。

また、洗剤と言えば、粉洗剤と液体の他にジェルボールがありますよね。

CMをみる限り、ジェルボールが洗浄力も機能もよさそうですが、実は、粉洗剤が一番洗浄力があり、更には溶け残りも少ないといいます。

適量の洗濯石鹸を入れて、綺麗に洗剤と汚れを落としきるというのが重要なので、洗濯機では「すすぐ」がポイントです。

黒カビが発生する環境

タオルは湿った状態や汚れた状態が続くことで黒カビを発生させやすくしてしまいます。

特に使用済みのタオルは、「湿り気」と「汚れ」の両方により、カビがとても繁殖しやすい状態になってしまいます。

また、「湿り気」や「汚れ」のあるタオルや衣類を洗濯カゴがいっぱいになるまで放っておいたりすると黒ずみが発生しやすくなるのも事実です。

特に湿気の多い夏場には注意が必要です。

洗濯槽の汚れ

一見、汚れていない洗濯槽ですが、カビが繁殖しやすい環境が揃っています!

洗濯機をのぞき込んでも見えませんが、実は、洗濯槽の裏の方には、大量のカビが発生しているケースがあるといいます。

洗濯槽にカビが生えたまま洗濯をするということは、汚れた水で洗濯をすることです。そして、その汚れは、衣類に付着し、嫌なにおいがつくばかりではなく、黒ずみの原因になってしまうこともあるそうです。

今まで洗濯機のお掃除をしたことがないという人は少なくないようですが、月1回を目安に洗濯槽のお掃除をしてみましょう!

【スポンサードリンク】

黒ずみ予防策

基本的に上記の挙げた黒ずみになる原因を作らないことが予防策になります。

ちょっとしたことを心掛けるだけで、黒ずみ対策になりますので、しっかり覚えておきましょう!

洗剤や柔軟剤を入れすぎない!

基本的に洗剤や柔軟剤はパッケージの表記通りの量にし、多く入れすぎないようにしましょう。

柔軟剤などを入れすぎるとすすぎでは流しきれず、それが洗い残しの汚れになります。

また、その洗い残しの汚れが黒ずみの原因となるので、入れすぎないようにしましょう。

「すすぎ」の回数を増やしてみるというのもいいかもしれません!

洗濯は小まめに!

汚れというのは、時間が経てば経つほどこべりつくものです。

従って、洗濯カゴがいっぱいになるまで待っていると汚れも落ちにくくなる他、「湿り気」と「汚れ」の両方が原因で黒カビを発生させてしまいます。

洗濯は小まめにしてあげることが大切です。

また、仕事などの都合で洗濯を小まめに出来ない場合は、使用済みのタオルは洗濯カゴではなく、干して乾燥させておくと汚れやカビの繁殖に広がりにくくなりますよ!

洗濯機のお掃除も忘れずに!

洗濯時は洗濯機の中にたくさんの水が入り、蓋が閉まるのでとても湿気の多い状態になります。

湿気の多いところにはカビが入りやすく、洗濯後の洗濯槽は綺麗に見えても裏側にカビが生えていることがあります。

汚れた水で洗濯をすることにより、その汚れが洗濯物についてしまうと臭いや黒ずみの原因になってしまいます。

月1回の洗濯機のお掃除をしましょう!

まとめ

洗濯は洗濯機にお任せ!と思いがちですが、ちょっとしたことから、綺麗になるはずの衣類を汚してしまっていることがあります。

タオルの黒ずみ予防は、洗剤や柔軟剤を入れすぎない、小まめな洗濯、そして、洗濯機のお掃除が大切です。

湿気の多い夏場は特にカビが発生しやすいので、「湿り気」と「汚れ」のある状態での洗濯物放置は絶対に避けたいですね!

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

タオルの黒ずみの予防策はある?原因はなに?


汚れた衣類は洗濯機に入れてスイッチオン!
あとは、洗濯機に任せちゃおう!
確かに洗濯機の役目は、汚れた衣類を綺麗に洗うということです。
しかし、洗剤や柔軟剤の使い方を間違えたり、洗濯槽のお掃除をしていないとタオルの黒ずみの原因になってしまうことを知っていますか?
洗濯機も使い方によっては、逆に衣類を汚してしまうことがあるのです!
そんなタオルの黒ずみを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?
今回は、タオルの黒ずみの原因と予防策について解説します。

タオルの黒ずみの原因

洗濯機とはいえ、洗濯洗剤を入れても汚れを100%落としきれるわけではありません。
ちょっとしたことが、黒ずみの原因となっているわけですが、これらの原因を知り、今すぐ正しい方法で洗濯をするのが一番の予防策でもあります。
それでは、原因をみていきましょう。

汚れや洗剤の蓄積

洗濯をするときに投入する洗剤や柔軟剤ですが、効果を高めようと多めに入れていることはありませんか?
確かに洗剤を多めに入れることで泡立ちもよくなり、柔軟剤を増やすことで匂いもつきやすくなります。
しかし、洗剤や柔軟剤がすすぎきれないと、逆に汚れとして衣類に残り、これが黒ずみに変化するのです。
また、洗剤と言えば、粉洗剤と液体の他にジェルボールがありますよね。
CMをみる限り、ジェルボールが洗浄力も機能もよさそうですが、実は、粉洗剤が一番洗浄力があり、更には溶け残りも少ないといいます。
適量の洗濯石鹸を入れて、綺麗に洗剤と汚れを落としきるというのが重要なので、洗濯機では「すすぐ」がポイントです。

黒カビが発生する環境

タオルは湿った状態や汚れた状態が続くことで黒カビを発生させやすくしてしまいます。
特に使用済みのタオルは、「湿り気」と「汚れ」の両方により、カビがとても繁殖しやすい状態になってしまいます。
また、「湿り気」や「汚れ」のあるタオルや衣類を洗濯カゴがいっぱいになるまで放っておいたりすると黒ずみが発生しやすくなるのも事実です。
特に湿気の多い夏場には注意が必要です。

洗濯槽の汚れ

一見、汚れていない洗濯槽ですが、カビが繁殖しやすい環境が揃っています!
洗濯機をのぞき込んでも見えませんが、実は、洗濯槽の裏の方には、大量のカビが発生しているケースがあるといいます。
洗濯槽にカビが生えたまま洗濯をするということは、汚れた水で洗濯をすることです。そして、その汚れは、衣類に付着し、嫌なにおいがつくばかりではなく、黒ずみの原因になってしまうこともあるそうです。
今まで洗濯機のお掃除をしたことがないという人は少なくないようですが、月1回を目安に洗濯槽のお掃除をしてみましょう!

黒ずみ予防策

基本的に上記の挙げた黒ずみになる原因を作らないことが予防策になります。
ちょっとしたことを心掛けるだけで、黒ずみ対策になりますので、しっかり覚えておきましょう!

洗剤や柔軟剤を入れすぎない!

基本的に洗剤や柔軟剤はパッケージの表記通りの量にし、多く入れすぎないようにしましょう。
柔軟剤などを入れすぎるとすすぎでは流しきれず、それが洗い残しの汚れになります。
また、その洗い残しの汚れが黒ずみの原因となるので、入れすぎないようにしましょう。
「すすぎ」の回数を増やしてみるというのもいいかもしれません!

洗濯は小まめに!

汚れというのは、時間が経てば経つほどこべりつくものです。
従って、洗濯カゴがいっぱいになるまで待っていると汚れも落ちにくくなる他、「湿り気」と「汚れ」の両方が原因で黒カビを発生させてしまいます。
洗濯は小まめにしてあげることが大切です。
また、仕事などの都合で洗濯を小まめに出来ない場合は、使用済みのタオルは洗濯カゴではなく、干して乾燥させておくと汚れやカビの繁殖に広がりにくくなりますよ!

洗濯機のお掃除も忘れずに!

洗濯時は洗濯機の中にたくさんの水が入り、蓋が閉まるのでとても湿気の多い状態になります。
湿気の多いところにはカビが入りやすく、洗濯後の洗濯槽は綺麗に見えても裏側にカビが生えていることがあります。
汚れた水で洗濯をすることにより、その汚れが洗濯物についてしまうと臭いや黒ずみの原因になってしまいます。
月1回の洗濯機のお掃除をしましょう!

まとめ

洗濯は洗濯機にお任せ!と思いがちですが、ちょっとしたことから、綺麗になるはずの衣類を汚してしまっていることがあります。
タオルの黒ずみ予防は、洗剤や柔軟剤を入れすぎない、小まめな洗濯、そして、洗濯機のお掃除が大切です。
湿気の多い夏場は特にカビが発生しやすいので、「湿り気」と「汚れ」のある状態での洗濯物放置は絶対に避けたいですね!

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ