家庭訪問が玄関でというのが増えている?その時のお茶やお菓子は?座布団は?それとも椅子のほうがいい?

welcome

最近の家庭訪問は、『玄関訪問』と名付けられるほど玄関先で済ませることが増えてきたようです。

筆者が小学生の頃は、担任の先生を家に上がってもらい、お茶を出して、座布団か椅子に腰かけてお話をするという家庭訪問のパターンが一般的だったような記憶がありますが、時代も変わりましたね。

この玄関訪問の目的は、家の所在地と通学路の確認とのことですので、それならでもいいのかなとも思えてきます。

さて、この玄関訪問ですが、玄関先で事を済ませるということですが、その時のお茶やお菓子をどうしたらいいのか気になりますよね。
先生に上がってもらえれば、自然とお茶やお菓子を出せるのですが、玄関先となると悩みます。

また、座布団や椅子を出したほうがいいのか?立ち話になってしまってもいいのか?また、先生との目線が同じでないシチュエーションも出てきますよね。このように失礼に当たらないようにと考えれば考えるほど、混乱しそうになります。

今回は、そんな悩ましい玄関訪問の時のマナーについて取り上げてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

家庭訪問の変化

最近の家庭訪問は玄関先で行われることが多くなったという原因は、話す時間が約10~15分と短く、また部屋はプライベート空間となるためだといいます。

確かに1日に何件も回る先生からしたら、長く話すことは難しいですし、初めて訪問するお宅ともなると移動時間もかかることが多いでしょう。

従って、先生が訪れた際、こちら側から「どうぞ中へお入りください」と言ったとしても、先生の方から「玄関でお話しさせていただきます」となる場合も多いようです。

子どもの同席

家庭訪問となると、子供を同席させるか悩むところですが、子どもは同席させないほうがいいようです。

中には、親戚や友人の家に預かってもらうという方も多いといいます。

というのも、家庭訪問は、子どものことについて聞かれたり、学校で気を付けてもらいたいことや親の希望等を話す貴重な機会となっています。

子どもを同席させると、当り障りのない話で終わってしまうため、込み入った話が出来ません。

折角の機会なので、子どもの居ないところで、話ができるのが理想かもしれません。

儀式は不要

学校から玄関先に訪問しますと『玄関訪問』の案内が事前にあったのであれば、わざわざ「(家に)おあがりください」など、無駄な儀式は不要です。

割り当てられている時間が決まっているうえに、このような虚礼は、時間の無駄になってしまいます。
玄関先の訪問ということを理解し、割り切りましょう。

目線に気を付ける

玄関の靴脱ぎ場に段差がある戸建て等の場合は、先生より目線が高くならないよう気を付けましょう。

もし、段差のある玄関であれば、そこに正座をして話をするのがベターですが、あまり畏まった雰囲気だと返って先生も正座をしなくてはという気持ちにさせてしまう恐れがあります。

できれば、段を下りて先生と同じ立ち位置で話をするのがベストですね。

【スポンサードリンク】

お茶・お菓子は出したほうがいい?

玄関先での立ち話となりますので、基本的には、出さなくてよいです。

しかし、なんとなくモヤモヤするようでありましたら、ペットボトルの飲料水などを用意してお帰り際に車の中か学校に戻ってからどうぞ!という形で差し出すのは、喜ばれるかもしれません。

座布団・椅子は出したほうがいい?

玄関先の訪問なわけですから、座布団や椅子は不要です。
玄関の靴脱ぎ場に段差があり、そこに腰を掛けれる場合は、座布団を用意しておいてもいいかもしれませんが、基本的には、立ち話というスタイルで良いです。

玄関が狭い場合は?

アパートなど、玄関の作りが小さい場合があります。
一人しか通れないほどのスペースであっても「玄関が窮屈ですいません」など一言断り、本題に入りましょう。玄関先での訪問ですので、失礼には当たりません。

まとめ

家庭訪問を玄関先で済ませる『玄関訪問』は、その名の通り、玄関先で行いましょう。

先生も1日に何軒も回らなくてはいけないので、移動時間も考慮すると各訪問で時間が取れません。

従って、わざわざ「おあがりください」などの無駄な儀式は不要です。

また、特別に指示がない限り、子供を同席させないほうがいいといえます。

子供のことについて聞かれたり、親の希望など、深入りした話ができるからです。

この機会にぜひ気になっている点などを話し合ってみましょう。

また、玄関の靴置き場に段差がある場合は、先生との目線に気を付け、必要であれば、同じ立ち位置で話し、基本的には、お茶・お菓子は、出さなくて良いです。

また、座布団や椅子も出す必要はなく、先生も靴を脱がない玄関訪問という認識で来ています。

玄関が狭い場合でも、一言断り、本題に入りましょう。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ