基礎代謝が高いと痩せないって本当?それとも太れない?

運動をして筋力を高め、『基礎代謝を上げる』のが、太りにくい体を作るひとつの方法として知られています。

このように言うと、太い人は、基礎代謝が低いと思われがちですが、実は、太っている人は基礎代謝が高いというデーターもあるようです。

つまり、「基礎代謝を上げて太りにくい体を作りたい」と思っている人の中には、基礎代謝が高い人も多いということです。

また、ダイエットをしているのになかなか痩せない人もいれば、逆にたくさん食べているのに太れないという人もいます。

そして、『太りたい』という方にとっても基礎代謝は大変重要になってきます。

今回は、そんな『痩せない』や『太れない』といった人に大きく関係する『基礎代謝』について徹底調査しました。

【スポンサードリンク】

基礎代謝とは?

基礎代謝とは、例え何もせずにじーっとしていても、生命活動を維持するため、呼吸や体温を維持するほか、内臓の活動など生体で生理的に行われている活動等で必要なエネルギーのことです。

一般的には1日の総消費エネルギーは、以下のような割合で、基礎代謝は、大半を消費エネルギーとして占めています。

基礎代謝=約70% + 生活活動代謝=約30%

ちなみに基礎代謝の内訳は、肝臓(27%)、脳(19%)、筋肉(18%)、肝臓(10%)、心臓(7%)、その他(19%)で、基礎代謝を上げる為には「筋肉をつける」と言われてきましたが、実は筋肉はわずか18%程度しかないのです。

基礎代謝を上げるためには、筋肉より内臓機能を高めるということが重要のようです。

基礎代謝と体重の関係

冒頭で、太っている人の方が基礎代謝が高いというお話をしました。

実は、それもそのはず基礎代謝というのは、体重に比例して増えていくからなのです!

なんとなく痩せている人の方が基礎代謝が高く、そのため、太らないのだと思ってしまいがちですよね。

もちろん、基礎代謝の測定というのは、その日の気温や体調によって変化するため、正確な数値というのは調べるのは難しいです。

そこで、厚生労働省による推定式を使い、まずは、おおよその基礎代謝量を算出してみましょう。

基礎代謝 = 基礎代謝基準値 × 体重

年齢 男性 女性
18-19歳 24.0 23.6
30-49歳 22.3 21.7
50-69歳 21.5 20.7
【スポンサードリンク】

必要摂取カロリー

1日に必要な摂取カロリーは、上記の推定式にて把握できたと思います。

必要な摂取カロリーが算出できたところで、太らないためには、摂取カロリーのコントロールが重要となってきます。

しかし、太るためにはどうしたらよいでしょうか?

太るために必要な摂取カロリーは、以下の身体活動レベルを『必要な摂取カロリー』にかけて算出します。

生活パターン 身体活動レベル
デスクワークの方。運動はほとんどしない。 1.5
たまに立つ。通勤、買い物、家事、軽いスポーツをする。 1.75
立ち仕事の方。スポーツや運動をよくする。 2.0

例えば、「年齢35歳/体重50キロ/女性」で、デスクワークをする人であれば、1日のエネルギー必要量は、下記のようになります。

21.7×50(kg)=1,085

基礎代謝は、1,085というわけですが、デスクワーク程度の身体活動レベル(1.5)をかけて太るために必要な摂取カロリーを算出します。

1,085×1.5=1,627(kcal)

太るためには、1,627kcal以上のカロリーを毎日摂取する必要があります。

痩せたいという方も太りたいという方も、自分が必要な1日のエネルギー量を見直してみてはいかがでしょうか?

まとめ

人が生きるために必要な消費活動こそが基礎代謝であり、総消費エネルギーの約70%を占めています。

また、筋肉をつけるよりも内蔵機能を高めることが基礎代謝を上げるために重要なことです。

痩せたい方はもちろん、太りたいという方もまずは自分が必要な1日のエネルギーを把握し、摂取カロリー量をコントロールしていきましょう。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ