おならが出ないから苦しい!ガスをだす方法とは?

【スポンサードリンク】


人前で出してしまうと、とても恥ずかしい『おなら』ですが、おならを出したいのに出ないと、とても苦しい思いをします。
ガスを出す方法さえ知っていれば、苦しい思いもしないのに・・・
とはいえ、『おならが出ない』なんて、なかなか人には相談できないですよね。
今回は、おならが出なくて苦しい思いをしなくても良いようにガスを出す方法をご紹介します。

おならとは

人間誰であってもおならは出るものです。
おならとは、肛門から排出される気体であり、腸で発生されるガスも含み、「ガス」や「中便」ともいいます。
また、正確には、音がするものを「おなら」、そして音がしないものを「屁」といいます。
肛門から排出される1~7割が呼吸によって口から吸った空気であり、残りの1~3割が腸内で食べ物が分解されるときにできる細菌が発生したガスと言われています。

おならの種類

実は、おならにも種類があり、酵素型ガスと腐敗型ガスの2種類のガスでできています。

発酵型ガス

食物の中のセルローズ、脂肪分をはじめ、炭水化物などが腸内で発酵したもので、ニオイのないおならであり、腸の働きを促進してくれます。
さつまいもやイモ類などを食べるとおならが出ますよね。
まさにこのおならが発酵型ガスです。

腐敗型ガス

簡単に言うと人前で出してしまうと恥ずかしい臭いおならを腐敗型ガスといいます。
おならが臭いのは、たんぱく質が分解するときに消化不良を起こし、スカトール、硫化水素、アンモニア、インドール等の臭気が強い悪臭ガスが出るためです。

おならが出ない原因

そもそもおならが出ないのは、腸の機能が低下しているほか、様々な原因が考えられます。

【スポンサードリンク】

腸の機能低下とストレス

腸が動いていないとおならが出ないといいます。
ただ、腸が動いていないというのは病気というよりストレスが原因という場合が多いようです。
また、体内ガスがおならとして出せないがために行き場がなくなり、血液に侵入してしまいます。
すると腸が動かないことで、便秘も解消されないので、悪循環が続いてしまいます。
また、ストレスや食べ物で腸の動きが鈍くなるとガスが溜まって苦しくなっていくのです。

腸と糖質

そもそも腸の働きを鈍くするのは、多量の糖質が原因ということが挙げられます。
多量の糖質は、胃酸過多、胃痛、胸焼け、腹痛の他、吐き気などにもつながります。
腸の動きが鈍くなってしまうと、食べたものが完全に分解されないため、十分に吸収が行われず、消化不良のまま大量のガスとして発生するのです。
ちなみに腸内に入った空気のことを腸内ガスと言いますが、腸内ガス自体は悪いものではありません。
というのも、この腸内ガスが腸を刺激して便を前進させてくれているからです。
つまり、この腸内ガスがあるからこそ便を肛門のほうに前進させてくれるので、決して悪いものではないのです。

食物繊維不足

食物繊維といえば、便秘改善に最も適した栄養素のひとつですが、これが足りないと便秘はもちろんガスもたまりやすくなってしまいます。
というのも、食物繊維は腸に溜まった便や毒素なども取り除く働きがあり、特に腸疲労により便秘やガスが溜まっている場合には意識的に摂取したい栄養素の一つです。
また、食物繊維というのは『不溶性食物繊維』と『水溶性食物繊維』の2種類あり、これらを2対1の割合で摂取することが大切です。
ちなみに『不溶性食物繊維』は水分を溜め込むスポンジのような役目をするものがあり、玄米、いも、ライ麦、豆類、根菜などが含まれます。
そして、『水溶性食物繊維』はゴミを絡め取ってくれる役目をしてくれ、きのこ、こんにゃく、果実、海藻等に多く含まれています。
よく、さつまいもは食物繊維だからと、さつまいもばかりを食べる人がいますが、ばっかり食べは栄養バランスが偏り、症状を悪化させてしまう可能性があります。
さつまいもにきのこを入れてシチューを作るなどして上手に2種類の食物繊維を摂取できるよう心掛けてみるといいでしょう。

運動不足

運動不足により腹筋が弱くなってしまっていることがあります。
実は、腹筋が弱くなってしまうと腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)も弱くなり、便秘がガスが溜まりやすくなってしまいます。
ストレッチを始め、手軽なウォーキングだけでも、横にねじれたり、縦に触れたりと直接腸に刺激が与えれます。
これらを続けることで腸腰筋(ちょうようきん)といって腸を支える筋肉が鍛えられるので腸も元気になってきます。
特にデスクワークで1日中座りっぱなしの人は、意識的に体を動かすようにすると良いですね。
症状が出た時に運動するというのではなく、日頃から出来る範囲で継続していくことが大切です。

身体の冷え

実は体が冷えてしまうことで、腸の調子も悪くなってしまい便秘やガスが溜まりやすくなってしまうといいます。
例えば、夏場、薄着に加え、クーラーの効いた涼しい部屋で冷たいものを食べたり、冬場であれば、ファッション優先で、薄着のまま長時間外を出歩いたりと、身体が冷える原因はいくつも考えられます。
このようなことをしていると知らないうちに内蔵を冷やし、腸の活動を低下させてしまっています。
とにかく身体を冷やしすぎないよう食べ物や飲み物はもちろん、衣類にも気を付けましょう。

お腹のガス抜き方法

それでは、どのような方法でお腹のガス抜きができるのでしょうか?
自分の意識でおならを出す方法と腸に刺激を起こしてガス抜きする運動をご紹介します。

ガス抜きマッサージ

膝を曲げ、仰向けに寝ます。
ガスは、大腸の曲がりに溜まりますので、右側骨盤の上→右側肋骨の下→左側肋骨の下→左側骨盤の下→膀胱の上の順序で5回押してマッサージします。
次に時計回りに大腸のある腹部のあたりを手で押してマッサージします。
腹式呼吸をして、順番に息を吐くタイミングでゆっくりと押します。

ガス抜き運動

朝、目が覚めたら、目を軽く閉じて仰向けになります。
おへその上に手をおいて、耳、両手の甲を親指、人差し指、中指でなでるように1~2分揉みマッサージします。
うつぶせになり膝下を曲げます。その際、膝の下に枕や座布団を敷きます。
両足のかかとがお尻につくようにして、足をバタバタさせながらお尻を叩きます。
この体操を5分間します。
この方法で、おならや便が出ないという場合は、かなり腸が弱っているそうです。
毎朝継続することが大切です。
また、なかなか出ないという場合は、朝だけではなく夜も続けると良いでしょう。

まとめ

なんだかお腹にガスが溜まっている感があり、すっきりしないことってありますよね。
おならが出てしまえばすっきりしそうなのに・・・とも感じてしまいます。
そもそもおならには、発酵型ガスというにおいのないおならと腐敗型ガスの2種類があります。
おならが出ない原因として、腸の機能が低下、ストレス、糖質の過剰摂取、食物繊維不足、運動不足、身体の冷え等が挙げられます。
もちろん、これらの原因を改善することでおならが出やすくなるのですが、とにかくお腹のガスを抜きたいという場合は、ガス抜きマッサージやガス抜き運動をしてみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ