目の色って変わる?これって病気のサイン?

eye
寝不足や疲れで目が充血するということがあるように体の不調で目の色が変わることがあります。
もちろん、結膜炎等の目の病気もそうですが、その他の多くの病気のサインである場合もあるそうです。
今回は、目の色が変わることでセルフチェックできる病気についてまとめました。

【スポンサードリンク】

黒目の異常

黒目の異常で、よく知られているのが『白内障』と言われる黒目の真ん中の部分に白っぽく濁ってくる病気です。
加齢に伴い発生するケースが最も一般的といわれていて、早ければ、40代から発症するそうです。
80代では、殆どの人が、白内障の状態に陥るといわれています。ただ、放置をしなければ、基本的には失明することはないそうですが、一度発症してしまうと薬では治らないそうです。
また、『緑内障』といって、視神経に異常が起こることで、目で見た情報が脳に伝わらなくなる等の視野や視力に障害が出る病気があります。
日本では、失明になる原因第1位の病気とも言われているようです。
緑内障には、瞳の色や痛み、充血などの症状が全くなく進行し、病気の最終段階というタイミングで視力が低下するなどといったこともある「慢性緑内障」と、急激に眼圧が上昇することで発症し、頭痛、吐き気、目の痛み、充血などを含む激しい症状がみられる「急性緑内障」があります。
急性緑内障においては、実際に瞳の奥が青みがかかったように見えるという人もいますが、そう見えない人もいるので、個々の主観的な感覚で黒目の異常に気付くようです。

【スポンサードリンク】

白目の色で判断できる病気

一般的に白目の部分が黄色くなってきたら、『黄疸』と考えます。
黄疸というのは、肝臓病、胆石、胆嚢炎、胆道系の病気、血液の病気等の場合に見られることが多いのですが、歳を重ねるにつれ、白目が黄色味を帯びてきますので、一概に黄疸とは決めつけられません。
ただ、黄疸の場合は、白目が鮮やかな黄色になるので、一般の人であってもその区別は難しくないようです。
また、黄疸は、顔や腕などの皮膚にも黄色味が現れ、尿も黄褐色になってきます。
よくミカン、ニンジン、カボチャ等のカロチンが豊富な食品を多量摂取すると手の平や足の裏が一時的に黄色くなる『柑皮症』になることもありますが、この場合は、白目が黄色くなることはありません。
つまり、白目が鮮やかな黄色になってきたら黄疸の可能性が高いということになります。
また、白目が赤く充血している場合は、結膜炎、目の疲労、寝不足、又は、お酒の飲みすぎ等が原因と考えられます。
更に糖尿病の場合も、血糖値が高い状態が続くことで、出血、浮腫・閉塞などの血管障害等が起こり、目の充血も見られるようになります。
黒目や白目の色が変わることで診断される病気の他、医師が患者の下まぶたをめくり、診察することがあります。
実はこれ、粘膜や白目の色を観ることで、身体の不調を推測できるからなんです!

まぶたの裏が白っぽい

ドラマ「JIN-仁-」を覚えているでしょうか?
南方仁が初めて吉原に登楼した夜のシーンがあり、そこで南方仁と坂本龍馬に向かって、アカンベーをして見せた野風。
仁は、彼女の瞼の裏が白い=貧血であることを見抜くのですが、そういえば、医師もそのように診察するなと思い起こしたことがあります。
血液中の鉄分が不足することで貧血になると、まぶたの裏側も白っぽくなり、女性の場合は、生理の後にも同じような状態になることがあるようです。

まぶたの裏が赤い

今やストレスと無縁で生活しているという方なんて殆どいないという社会になってきましたよね。
社会に出て、人間関係を築くようになると多少はストレスもためてしまうようになります。
そして、強いストレスを感じると、血液中の赤血球が急増し、その結果、まぶたの裏側が赤く染まるということがあります。
『赤血球増多症』とも呼ばれるこちらの病名は、頭痛やめまいを起こしやすくなるようです。

まとめ

黒目に白く濁ったものが見えてくる「白内障」や人によっては青みが罹ったように見える「急性緑内障」という目の病気があります。
白内障は、遅かれ早かれ誰にでも発症する可能性のある病気で、手術によって失明を防げるようですが、緑内障は、日本では、失明になる第一の原因といわれています。
白目が黄色くなってきたら、一般的に「黄疸」を疑います。肝臓病、胆石、胆嚢炎、胆道系の病気、血液の病気等により黄疸になるようです。
また、白目が赤く充血していたら、結膜炎をはじめ、目の疲労、寝不足等の原因が高いようです。
黒目や白目の他、下まぶたの裏側でも健康チェックはできます。
まぶたの裏側が白っぽくなっていたら、貧血の恐れがあります。積極的に鉄分を取るなど、症状が悪化する前に対処できることはしておくといいかもしれません。
とにかく目の色が変わったら、何かしらの病気のサインを疑い、早めに病院に行く方が良さそうです。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ