チョコレートの賞味期限切れはいつまで大丈夫?3ヶ月?半年?

【スポンサードリンク】

賞味期限というのは、「この日までに食べれば品質は保証されています」というような意味合いがありますから、実際に賞味期限切れしてから、いつまで大丈夫かは、食料品によって異なります。

大人買いをしてしまったり、食べるのを忘れていた「チョコレート」って賞味期限切れしてから思い出したり、見つかることってありませんか?

この場合、賞味期限切れから3ヶ月?半年?いつまで食べれるのか、特にチョコレート好きには知っておきたい情報ですよね。

今回は、チョコレートの賞味期限切れは、3ヶ月、半年、又はそれ以上でも食べれるのかを調べました。

チョコレートの賞味期限と保存方法

基本的に直射日光を避け、冷たいところに保存をしていれば、チョコレートは滅多に腐ることはないとも言われています。

ただ、腐らないからと言って何年も放置しておくのはNGです。

風味が抜けて美味しさもなくなってきます。

チョコレートの風味を味わいながら、美味しくいただくには、記載されている賞味期限内に食べるのが一番です。

とはいえ、買ったのを忘れていたり、食べるのを忘れたりして、賞味期限が切れたチョコレートが見つかることは、誰にでもあることです。

チョコレートの賞味期限や保存方法に関しては、「チョコレートの賞味期限は?常温保存と冷蔵庫での保存で変わるの?」でもご紹介させていただきましたようにチョコレートの種類によって異なります。

市販されている板チョコレートのようなものであれば、常温保存でも長く保存できますが、生チョコレートやガナッシュが入ったチョコレートは、冷蔵保存でも日持ちしません。

このように同じチョコレートであっても、生チョコレートは生クリームを使用しているため、早めに食べるほうが良いとされています。

【スポンサードリンク】

賞味期間切れ

では、気付いたら賞味期限切れしていたチョコレートはどうでしょうか。

水分が殆ど無い板チョコレートであれば、賞味期限切れから約1年半、また、生チョコレートやガナッシュが入ったチョコレートは賞味期限切れから1~2日だそうです。

なお、生チョコレート等には生クリームや水分がそれぞれ全体の10%以上も入っている雑菌が繁殖されやすいといわれています。

賞味期限切れから1~2日であっても、ちょっとおかしいなと気づく点があれば、食べるのは控えましょう。

まとめ

チョコレートは、種類によって賞味期限や保存方法が異なります。

「賞味期限」というのは、その日までは品質が保証されているという期間なので、賞味期限が切れていても食べることは可能です。

しかし、賞味期限が切れてからどれくらいまでなら食べれるかは、やはりチョコレートの種類によって異なります。

水分が殆ど無い板チョコであれば、期限切れから約1年半といわれています。

一方、生チョコレートやガナッシュが入ったチョコレートに関しては、生クリームや水分も多く、雑菌が繁殖しやすいことから期限切れから1~2日以内には食べたほうがいいようです。

なお、チョコレートの種類や保存方法によっては、早く腐敗してしまうこともあるようですので、賞味期限が切れたチョコレートに気づく点などがありましたら、初めから口にしないということも大切です。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ