コーヒーの入れ方の違いで味が変わる?コーヒーの分量についての知識を解説!

【スポンサードリンク】

coffee

毎朝、コーヒーから一日が始まるという方も少なくないはず!

そんな多くの人から愛されるコーヒーですが、入れ方の違いによって味が変わるということ、また、コーヒーの分量も変えることによって味わいの違いを楽しめるということをご存知でしょうか?

毎日コーヒーを口にしている方にお伝えしたい!

今回は、それぞれ違った入れ方をしたコーヒーの味とコーヒーの分量についての知識を解説します。

ここで得た知識で、より味わいのあるコーヒーをお楽しみください。

コーヒーの入れ方

コーヒーと言えば、ちょっとしゃれた喫茶店にあるガラスのサイファン用器具を使う想像する方もいれば、自宅でも簡単に作れるボタン一つで作れるコーヒーメーカーを想像する方もいるでしょう。

どちらも飲んだことがあるのであれば、入れ方の違いで、味わいや風味、味の濃さなどが変わることを知っているかもしれませんね。

一般的にコーヒーの入れ方は、ドリップ式、サイフォン式、それからプレス式の3つあります。

ドリップ式

コーヒー豆を煎った後に粉末状にされたものを紙製のフィルター又はネルのフィルター等で濾して抽出する方法をドリップ式といいます。

大半のコーヒーメーカーは、ドリップ式が多く、誰もが一度は見たことがあるでしょう。

【方法】コーヒー豆の上から熱湯をゆっくりと注ぎ、最初に豆全体にまわしかけた湯で蒸らし、豆が泡を出し膨らんで来たら「の」の字を描くように少しずつ湯を注いでいきます。

豆の挽き方、湯の温度や量、また速度や蒸らし時間により、コーヒーの味が変わってくるのが特徴です。

また、ペーパーフィルターとネルによってコーヒーオイルの抽出量が異なりペーパーはあまりオイルが出ないので、すっきりとした味わいなのに対し、ネルは、たくさんオイルが抽出されるので、しっかりとした味わいになります。

サイフォン式

水を沸騰させ蒸気圧の加圧を利用してコーヒーを抽出させる方法です。

サイファン用器具の形状や音が独特で、これが大きな特徴です。

ガラス製の器具は、上下2つに分かれており、下にフラスコ部分、上に漏斗部分があります。

【方法】下にあるフラスコ部分に水を入れ、上の漏斗部分にコーヒー豆を入れます。水の入ったフラスコ部分の底からアルコールランプやバーナー等で温めると、沸騰した水がフィルターを通って上部に上がり、コーヒーが抽出されます。フラスコ部分の加熱を止めると陰圧となり、抽出されたコーヒーが漏斗部分からフィルターを通り、下のフラスコに下がると出来上がりです。

サイフォン式は、ドリップ式に比べ、コーヒー豆が湯に触れている時間が長いため、味が濃くなるイメージがあるかと思いますが、高温での抽出になるため、すっきりとした味わいになります。

【スポンサードリンク】

プレス式

熱湯でコーヒー豆を膨潤させた状態で、器具を使い押さえつけることでコーヒーを抽出させる方法です。

【方法】お湯とコーヒー豆を入れて数分待ち、豆部分を押し付けて上澄みの部分を飲用します。プレス式は、湯と豆が一番長く接し、フィルターを使わないため、コーヒー豆の味が一番濃く出るといわれています。たっぷりオイルも出るので、プレス式だと好き嫌いはっきり分かれるかもしれません。

コーヒー豆の分量

一般的には、コーヒー1杯分(180ml)につき豆10gが適しているといわれています。
コーヒー豆10粒でおよそ1gといわれていますので、計算するとコーヒー1杯分に100粒のコーヒー豆が使われていることになります。

なお、2杯目の場合は18g、3杯目は24gという具合に少しずつ量を増やしていくのがおいしくコーヒーを頂くコツです。

まとめ

コーヒーは、ドリップ式、サイフォン式、プレス式といった代表的な抽出方法があります。

自宅でも手軽に作れるコーヒーメーカでは、ドリップ式が多く、誰もが一度は目にしたことがあるタイプでしょう。

サイフォン式で抽出されたコーヒーは意外にもすっきりした味わいになり、コーヒー豆の味が一番濃くでるのがプレス式だと言われています。

同じコーヒーでも抽出方法によって、味の出方が異なるというのは、楽しみが増えるといえますね。

また、一般的には、コーヒー1杯分につき、コーヒー豆が10gと言われています。

これは、コーヒー豆100粒に相当しますが、個人の好みはこれより多かったり少なかったりするでしょう。

ちなみに2杯目、3杯目を飲むときには、コーヒー豆の分量を少しずつ増やしていくのが、美味しくコーヒーを頂くコツだといいます。

色々な抽出方法でコーヒーを味わい、コーヒーの分量も少しずつ変えていくことで、違った味わい方が楽しめるでしょう。

それでは、色々な方法や分量で、自分の好みに合ったコーヒーに出会えますように!

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ