タオルの黒ずみの取り方!セスキ炭酸ソーダが効果的?

洗濯後の白いタオル

お掃除には、環境にも優しい『重曹』が有名ですよね。

しかし、今話題の『セスキ炭酸ソーダ』(以後、「セスキ」)をご存知でしょうか?

実はこのセスキは重曹の10倍の洗浄力があり、タオルの黒ずみまでも取ってくれるというのです!

セスキを使用してのタオルの黒ずみの取り方、気になりますよね!

今回は、そんなセスキを使ってタオルの黒ずみの取り方についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

そもそも『セスキ』とは?

セスキ炭酸ソーダとは、弱アルカリ性物質で、『アルカリウォッシュ』とも呼ばれています。

また、無機物であることから、環境にも優しいとして好まれているようです。

重曹は水と分離しやすい性質を持っているのに対し、セスキは水に溶けやすく、またアルカリ成分が強すぎないので肌にも優しいといわれています。

また、重曹では落としきれない皮脂汚れや油汚れにも適応するため、衣類などの洗濯洗剤としても使用できます。

商品によっては、水溶液となりスプレー容器に入れられ販売されているものもありますが、今回は、粉末状になっているセスキについてご紹介しますね!

セスキの特徴

セスキには、以下のような特徴があります。

・環境にやさしくエコ
・水にとけやすい
・手が荒れにくい
・強めの洗浄力
・常温で長期保存しても変質しにくい

実は入浴剤の成分としてセスキが配合されることもあり、そのくらい安全な成分とも言えますね。

とはいえ、セスキにも得意分野の他に不得意な分野はあります。

得意分野と言えば、『タンパク質や油脂の分解』です。

例えば、キッチンの油汚れ、皮脂や垢汚れ、血液の汚れなどがあげられます。

一方、不得意分野としては、『本格的な汚れ』です。

靴や衣類についた泥汚れ、機械油や口紅の汚れ、それから衣類のシミ等が本格的な汚れの一部ですが、これらをセスキを使用して洗った場合、全くその洗浄力を発揮しないというわけではありません。

漬け置き洗いなどによって解消することはできるといいますが、セスキは『酸性汚れ』に向いていると理解するといいでしょう。

【スポンサードリンク】

タオルの黒ずみの取り方

さて、セスキの性質をお分かりいただけたところで、タオルの黒ずみの取り方について解説します。

セスキは、水に溶けやすいという性質があるので、手洗いは勿論、洗濯機や漬け置き洗い等、様々な使い道があります。

普段のお洗濯では、なかなか取れない頑固な黒ずみや黄ばみにも対応するので、ご家庭に1つ置いてあると安心かもしれません。

さて、黒ずみの取り方ですが、以下の手順に従い行ってみましょう。

1.水1リットルに対し小さじ1~2杯程度のセスキを入れて洗浄液を作ります。
※洗浄液を作る際、お湯を使用すると固まってしまい汚れが落ちなくなるので、必ず水を使いましょう。

2.黒ずんだタオルを入れて、1時間以上浸しておきます。

3.軽くゆすいで通常通り洗濯機に入れて洗濯をします。

漬け置き洗いをする際の注意

酷い汚れには漬け置き洗いが適していますが、ポリエステル、ナイロン等の化繊混紡、シルク、それからウールなどは漬け置き洗いに適しません。

また、色落ちしそうなものは、控えるようにしましょう。

まとめ

重曹の10倍の洗浄力があるセスキは、タオルの黒ずみをとるのに効果的です。

特に汚れの強い物は、漬け置き洗いが向いています。

ただ、『本格的な汚れ』とされる泥汚れや皮脂汚れなどは不得意分野なので、タンパク質や油脂等の酸性の汚れにセスキを使用すると良いでしょう。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ