耳がかゆい!汁が出てくさいにおいがする原因について!

mimikaki
日本では、当たり前のようにやっている「耳かき」ですが、最近では、海外からも注目を浴びていて、『Mimikaki』の名称で広まっています。
そんな耳掃除の文化をもちながら、比較的綺麗な耳の穴を持っている日本人ですが、『耳がかゆい!汁が出てきてくさい!』なんて経験ありませんか?
耳を綺麗にしているはずが、逆に耳がかゆい!くさい汁がでてくる!という原因になっているかもしれません。
今回は、耳がかゆくなったり、くさい汁がでてくる原因と対処法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

耳から汁が出る原因

耳の皮膚が炎症を起こすと耳から汁が出ることがあります。
耳から黄色っぽくて湿った耳垢や粘液のような形状、更には、耳汁に臭いがある場合は、傷に細菌が感染したと考えられます。
例え、綿棒であっても、あまりぐいぐいと耳の中に入れてしまうとケガのもとになります。
これも、耳かきのし過ぎが原因といえますので、とにかく耳の中には触れず、早めに受診しましょう。

痒みから痛みに変わることも!

普段何気なく生活をしていても、「耳の中がかゆい!」と感じる人は少なくないでしょう。
しかし、そのたびに耳かきや綿棒で耳掃除をしてしまうと痒みから痛みに変わってしまうことがあります。
また、炎症がひどくなるとカビに感染したり、合併症を引き起こすことがあるというので、早めに受診することをお勧めします。

耳垢のにおい

耳垢には、乾燥しているもの(乾性)と湿っているもの(湿性)があり、日本人は、乾性耳垢がほとんどであります。
普段はぱらぱらした耳垢なのに黄色っぽく湿り、粘液上の汁で匂いがある場合は、耳の病気を疑った方がよろしいかもしれません。
実は、これ、耳の皮膚が炎症を起こしていることが原因で、炎症部分から出る浸出液の可能性があり、汁と同時にかゆみを伴うことがあります。
独特なきつい匂いは、傷などに細菌が感染した可能性があるので、早めに耳鼻科にいくようにしましょう。

耳のかゆみ

耳がかゆくなるといい知らせが入ってくるというジンクスもありますが、実は、耳掃除をしすぎると耳がかゆくなることがあります。
耳掃除のしすぎは、炎症を起こしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

【スポンサードリンク】

耳のかゆみを伴う病気

耳のかゆみには、いくつかの原因が考えられます。

外耳道炎
外耳道真菌症
耳垢栓塞
アレルギー

外耳道炎
湿度や気温が高い季節に起こりがちで、汗をかくことにより外耳道が炎症を起こすことがあるようです。
また、頻繁に外耳道を刺激することで、皮膚が炎症を起こし、炎症部が細菌などの病原体に感染すると外耳道炎になってしまいます。
耳がかゆい時点では、炎症が軽いのですが、ここで綿棒や耳かきで刺激を与えてしまうとひどくなってしまうので、耳をいじるのを控えるのがいいでしょう。
外耳道真菌症
水が入ることによって外耳道の耳垢がふやけたり、又は、皮膚が湿ってしまうと、細菌感染を引き起こすことがあります。
また、耳かきによってできた傷が原因で、細菌に感染することもあります。
もともと外耳道は、殺菌作用のある粘液を分泌していますが、皮膚が傷つくと殺菌の作用も弱くなり、傷からカンジダやアスペルギルス等のカビが進入してしまうこともあるようです。
プールや水遊びが楽しい夏場は、外耳道が温かく湿気を持つため、カビ(真菌)が増殖しやすくなります。
耳垢栓塞
耳に栓をしているかのような大量の耳垢が外耳道にたまると耳垢栓塞といって、音が聞こえにくくなるようです。
湿性耳垢の場合、外耳道にたまった耳垢が次第に固まってしまいます。耳の中に水が入ったりすると耳垢がふやけ、外耳道いっぱいに耳垢が膨張し、かゆみの原因になることがあります。
頻繁な耳掃除も耳がかゆい原因となりますが、耳掃除をせずに耳垢がたまりすぎても耳がかゆくなる原因となるということです。
耳掃除は、極端にする、しないのではなく、『適度』にするのがいいということですね。
アレルギー
花粉症等のアレルギー性鼻炎により耳がかゆくなることがあるのですが、これは、花粉などに対して身体が過敏になっているため、耳の中もアレルギー症状を起こしやすくなっているためです。
アレルギー性鼻炎による耳の症状は、かゆみ、難聴などが挙げられますが、アトピー性皮膚炎も耳の中がかゆくなることがあるようです。

まとめ

耳がかゆくなったり、くさい汁が出てくる原因は、ほとんどの場合が耳掃除のし過ぎといわれています。
耳がかゆくなったり、汁が出て来たら、まずは、耳をいじらないようにしましょう。。
また、汁が止まらなかったり、痛みがあるようであれば、すぐに受診しましょう。
場合によっては、耳の中にたまりすぎた耳垢が水を吸って膨張し、耳の中がかゆくなることがあります。
耳掃除は、1~2週間に1回程度にし、あまり頻繁にやらないよう心がけましょう。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ