お風呂のカビが取れない!片栗粉と洗剤でカビは取れる?

窓がないお風呂等の湿気の多いところにはどうしてもカビが発生してしまいますよね。

カビとはいえ、泡タイプのカビ取り剤で簡単に取れるカビもあれば、ゴム等に発生してしまった厄介でなかなか取れない黒カビ等と色々あります。

そんなお風呂のカビが片栗粉や洗剤で取れるといううわさがありますが、本当なのでしょうか?

今回は、そんなカビが発生しやすいお風呂やなかなか取れないゴムなどに発生したカビを片栗粉と洗剤で取れるのか徹底調査しました!

【スポンサードリンク】

カビが発生する原因

そもそもなぜお風呂にカビが発生しやすいのでしょうか?

実は、「温度・湿度・栄養」という3大条件に「酸素・時間」を加えた5つの条件が揃うと繁殖します。

そして、その5つの条件というのは、浴室で満たしやすいがために浴室にカビが発生しやすいのです!

それでは、5つの条件をそれぞれ簡単にご説明しますね。

温度

特にカビができやすいのは、20℃から30℃の間だとされています。

そのため、夏場にカビが多く発生しやすいといえます。

ただ、基本的にはどのような湿度でもカビはできるものなので、冬であってもカビ対策は必要です。

湿度

湿度というのは、どれだけの水分が空気中に含まれているのかということです。

湿度が65%をこえるとカビが発生し始め、90%をこえると黒カビが発生してきます。

ちなみに密閉されている浴室内は、お風呂に入っていない時であっても65%以上であり、お風呂に入っているときの湿気は90%以上だそうです。

つまり、お風呂場はカビにとって繁殖するのに最適なのです。

栄養

基本的なカビの栄養というのは、人の体から出る垢や髪の毛の他、シャンプーなどの残りカス等にあたります。

カビは生命力が異常に強く、地球上に存在する殆どの有機物や無機物を物理的、化学的に分解して栄養源として利用し、これまで生き続けてきたといわれています。

ちなみに浴室の天井のプラスチックやビニール、接着剤をも栄養源にしているため、天井にもカビが生えてしまうということも多いのです。

【スポンサードリンク】

酸素

カビも人間同様、酸素を必要として生きています。

生きるためには酸素が必要なのです。

時間

上記の4つの条件が揃った時間が長ければ長いほど、カビが発生し、定着しやすくなります。

つまり、カビ対策というのも定期的に行うことで効果を発揮していきます。

カビ取り方法

用意するもの

塩素系漂白剤(ハイター等)
片栗粉
手袋

使用方法

まずは、片栗粉(大さじ1)と漂白剤(大さじ1弱)をよく混ぜます。

片栗粉を使う理由は、しっかりと漂白剤をカビに定着するためです。

そのためにもトロトロにならないようにするのがポイントです。

少し透明感が見られるくらいが良いでしょう。

次にカビをとりたい部分に塗り付けるのですが、その前に塗る部分の水気をしっかりとふき取ることが重要です。

水気をふき取ったら、漂白剤入り片栗粉を塗ります。

ちなみに窓等に使用する際は、窓のサンにキッチンペーパーなどを敷いて片栗粉が落ちないようにしておくと片付けが楽になりますよ!

また、手が荒れないよう必ず手袋着用してくださいね。

5分程置いたら、片栗粉を水で流すか、サッシなどであれば、濡れたティッシュなどで綺麗に取り除きます。

塩素系漂白剤は、ゴムを劣化させやすくしますので長時間にわたり放置しないよう気を付けましょう。

また、作った漂白剤入り片栗粉も長時間使わずに放置しておくと漂白効果も落ちてしまいます。

漂白剤入り片栗粉を作ったら、なるべく早めに使う方が効果的ということも覚えておきましょう。

筆者も試してみたところ、泡タイプのカビ取り剤でもなかなか落ちなかったお風呂場の黒カビがとても綺麗になりましたよ!

わざわざ強力なカビ取り剤を買いに行くより、家にある物で代用でき、更にはこんなに綺麗になるなんてとても得をした気持ちになりました。

気になるカビがあれば、是非お試しください!

まとめ

誰もが悩むカビですが、お風呂場に発生しやすい原因は、カビにとって好条件が5つあるからでした。

まず、『湿気』です。

夏場に限らず、冬であってもカビは発生するということですから、カビ対策というのは必須です。

また、お風呂場だからこその『湿度』もカビが発生しやすい条件の一つです。

湿度の高さによって黒カビが発生するとも言われているので、換気はもちろん、使用後はできるだけ湿気の原因となる水気をなくしたいものです。

また、特に洗い場では、人の体からの垢やシャンプーの残りカス等が出てしまいますよね。

これらが、カビにとっての『栄養源』になります。

お風呂場を使用後は、飛び散ってしまった泡などをしっかりと洗い流すなどの対策が必要ですね。

そのほか、『酸素』と『時間』もカビにとって生き延びる、または増殖するには必要な条件となります。

日頃から、カビ対策を行うことは大切ですが、既にできてしまったお風呂のカビは、塩素系漂白剤と片栗粉を使用した方法で綺麗にしてしまいましょう!

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ