虫歯がうつるって本当?隣の歯が危ない!

【スポンサードリンク】

誰だって歯医者にあまり行きたくないですよね。

何故だか、「歯医者=怖い」というイメージを持っている人も多いようです。

歯医者と言えば、寝かされた状態で、口を開き、何やら色々な器具で音を立てながら治療してくれますよね。口の中で何をされているのか?見えない状態で大きな音が響くと、治療される側にとっては不安で、心臓もバクバクしますよね。

虫歯になってしまい、あまりの痛さに、やむを得ず、虫歯の治療の予約を入れるも、当日は、なんだか気分が乗らないなんてこともあるかもしれません。

虫歯の痛みを我慢できない程になってしまえば、すぐに行かなければいけませんが、何となく虫歯があるようだが、あまり痛みを感じないというレベルだと、そのまま放置してしまうという方も多いでしょう。

しかし、虫歯ってうつるって聞いたことありませんか?

特に最近では、赤ちゃんにキスしたり、同じスプーンで食事をさせると『虫歯菌』がうつって虫歯になる!ともいわれるほどで、神経質なママにとっては、周りの行為によってはストレスになることも!

そんな虫歯菌ですが、隣の歯にうつってしまうと心配している方も多いようですが、本当に虫歯はうつるのでしょうか?

今回は、虫歯は本当に隣の歯にうつるのかを調査しました。

虫歯とは?

一言でいうと酸により歯が溶かされる病気のことです。

幼いころから、甘いものを食べてから歯を磨かないと虫歯になると教えられてきた人が多いと思いますが、チョコレートや飴などをはじめ、砂糖を含むお菓子や食べ物と虫歯には深い関係があります。

口の中に砂糖が入ると「ミュータンス菌」という細菌が活発に動き歯石をつくります。

すると、歯石の中に酸をつくり、この酸によって歯が溶かされ「虫歯」になるのです。

虫歯はうつる?

一般的には、1本の虫歯から他の歯に伝染して虫歯になることはありません。

しかし、歯と歯の間は虫歯になりやすいので、隣接面が虫歯の場合は、隣接している他の歯に影響する可能性は十分に考えられます。

つまり、虫歯の箇所によっては、隣の歯にまで影響する可能性があるということです。

また、虫歯や歯周病の原因となる菌が口の中で繁殖し、広がるという可能性もあるようです。

虫歯が見つかったら、早めに治療するのが一番ですね。

ちなみに虫歯菌(ミュータンス菌)というのは、家族や周囲の人からの唾液を介して赤ちゃんに感染することがあります。

このように「虫歯菌は移る!」と断言してしまうと神経質になりがちですが、赤ちゃんに関わる家族や周囲の人たちの口腔内環境を整えた上で接すれば、感染しにくくなることを知っておきましょう。

口腔内環境を整えるとは、まずは虫歯があれば、その箇所の治療、歯に付いた歯石やプラークを機械的に除去、更には日常的に正しい歯磨きをする等を含みます。

1歳7ヶ月から2歳7か月の頃が虫歯菌に感染しやすいといわれていて、この時期に感染しなければ虫歯にならないというわけではありませんが、3歳までに感染しなければ、乳歯の虫歯は激減するといわれています。

【スポンサードリンク】

虫歯を放置するとどうなる?

虫歯で痛みを感じるのにも関わらず、歯医者が嫌で、絶対に行きたくない!という方も少なくないといいます。

最悪、神経が虫歯菌に侵されやがて死んでしまいます。すると痛みは感じなくなりますが、このまま放置をしておくと神経が歯の中で腐敗し、細菌をばらまくようになります。

この腐敗した神経からばら撒かれた細菌は、あごの骨にまで広がり、あごの骨に炎症が起きて化膿してしまいます。こうなってしまうと歯茎からは膿が出るようになり、更には、あごの骨髄まで感染してしまうことで「骨髄炎」を引き起こしてしまうのです。

更に血液の中に細菌が入り込んでしまうと、肺炎、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こすケースもあるようです。

心臓や脳にまで虫歯菌が感染することもあり、その場合は、最悪、死に至る可能性もあるとのことですので、実は厄介な菌なのです。

まとめ

一般的には、虫歯は他の歯にはうつりません。

しかし、歯と歯の間にできた虫歯に関しては、隣の歯に影響が出てくることもあるようです。

虫歯が見つかったら、早めの治療をおすすめします。

また、虫歯菌に関しては、唾液を介して人に移ることがあります。

特に子育て世代のママやパパにとっては、子供の虫歯は避けたいところです。

子供に移さないためにも個々の歯の治療や日常的なケアをするようしましょう。

なお、虫歯を放置してしまうと虫歯菌が神経を侵し、その後も適切な治療をしない場合は、神経が腐敗し細菌がばら撒かれます。

このばら撒かれた細菌は骨髄炎、肺炎、脳梗塞、心筋梗塞等の症状を引き起こす原因になり、更には、死に至るという可能性もあるようです。

深刻な病気になる前に歯医者で適切な検診や治療を受けるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ