咳がでて痰がからむのが止まらない!熱はないけど考えられる原因とは?

【スポンサードリンク】

mask
熱はないのに咳に痰が絡んで止まらない!
風邪といった症状でもないし、とにかく咳に痰が絡むというところが辛いという経験ありませんか?
熱はないのに止まらない咳が続いたら・・・
職場や学校でも心配されるし、周りにも迷惑をかけてしまうし、早く治したいですよね。
今回は、そんな厄介な「熱はないのに痰が絡む咳の原因」をまとめました。

痰の絡む咳の原因

咳というのは、ウイルスはもちろん、ほこり、煙、食べ物等の異物から肺や気管、又は気管支を守るために起こる防御反応です。
また、咳は、気管にたまっている痰を出す役割もしています。気道の粘膜には、線毛と表面を覆う粘液で粘膜を守っています。
つまり、咳の原因は、どのような病気かによっても症状が出ている期間が異なります。また、咳に痰が絡むかによっても原因が違ってくるといいます。
ちなみに咳が続いている期間が3週間の場合、くしゃみ、発熱、鼻詰まりなどの風邪の症状、咳の症状が軽減されてきている、同様の症状を患っている人が近くにいる、膿が絡む痰のいずれかの症状が当てはまれば、『感染性の咳の病気』が疑われます。
この場合、一般的には、咳の強度のピークが過ぎていれば、咳を鎮める薬などで経過観察されます。
しかし、まだ咳の強度のピークを過ぎていない場合は、肺炎や結核を含める感染症やその他の肺の病気を鑑別するため、血液検査や胸部X線検査を行います。
ここで、原因が分かり次第、原因の菌に有効な抗生物質等で治療することになるでしょう。
なお、3週間以上空咳を起こす場合は、CTや胸部X線画像等で検査をします。また、血液検査等で、アレルギー体質や感染症との関係性を調べることもあります。
ただ、空咳ではなく、痰が絡む咳が3週間以上続く場合で、喫煙をされている方は、『慢性閉塞性肺疾患(COPD)』の可能性が多いといいます。
喫煙をされていないという方で、痰の絡む咳が3週間以上続く場合は、喘息や、気管支拡張症、副鼻腔気管支症候群、慢性の鼻炎等に伴う場合があります。
また、ごく稀に結核、肺がんなど重度の病気との関連性もある為、8週間以上続く場合は早期に呼吸器内科を受診することをおすすめします。

まさか結核だったとは!

先日、筆者のもとに仕事関係で長くお付き合いのある方からメールが届きました。
『毎年寒い季節になると必ずと言っていいほど家族で風邪をひいています。
去年の冬も風邪をひいたのですが、とにかく痰絡みの咳が止まらなくて風邪薬に頼る日々を送っていました。
風邪薬を飲めば、多少症状は軽くなり、薬が効いていると思ったのですが、それでも2~3週間は痰絡みの咳をしていたことを覚えています。
なかなか治らなかったので、家族のアドバイスもあり病院で診察をしてもらったところ、なんと『結核』という診断結果が出ました。
喘息なのかと疑っていたのですが、まさかの『結核』でびっくりしました。』
という内容です。
結核といえば、50年前までは『不治の病』として知られていましたが、医療の発達と抗結核薬の開発により消滅したと思っていたのですが、まだ結核を患う人がいるのが現状だそうです。
調べてみると日本では、年間に約2万5000人が結核を発症し、その内2000人以上がなくなっているようです。
また、約65%の患者は高齢層とのことですが、まだ働き盛りの年代(20~59才)も約35%を占めるなど、広い年齢層で発症しているのが現状です。
結核は、咳やくしゃみ等の空気感染により広がる病気でもあります。
単なる風邪とは軽視せず、咳と痰が3週間以上続くようであれば、一度病院に行くようにしましょう。
では、かかりやすい病気が原因で痰の絡む咳をする症状がある病気を詳しく見ていきましょう。

気道感染症
アレルギー
衛生環境

【スポンサードリンク】

気道感染症

気道感染症の中でも百日咳という乳児から大人までかかりやすい病気があります。
乳児の場合は、重症化しやすいので、生後3か月から予防接種が受けられます。
百日咳菌に感染して起こる病気で、はじめは、咳が短い間隔で「エホエホやコンコン」と連続的に出ます。続いて、ヒューと笛を吹いたような音が聞こえます。
このような特殊な咳が特徴的なのですが、大人の感染では、風邪だと思われがちなのが現状です。
また、細菌感染しているため、黄色い痰がでることもあります。
咳が続くようであれば、百日咳のように感染性の可能性を考慮して、早めに受診しましょう。

アレルギー

花粉症を含むアレルギーの症状でも咳に痰が絡むことがあります。
花粉症の場合、くしゃみ、鼻水、目のかゆみをはじめ、咳という代表的な症状があり、目や皮膚などに赤い腫れものが出ることもあります。
また、全身に倦怠感があり、頭痛や集中力の低下、更にイライラ等の症状もあるため、風邪と勘違いする人も多いようです。
特に鼻水は、花粉を身体から追い出そうとするため多く分泌されるのですが、鼻水がのどを伝って流れていくことで咳や痰等が生じるそうです。
花粉が飛んでいる間は、ずっと続く症状なので、辛くなる前にマスクをつける等の出来る限りの対策と医師に診てもらうといいでしょう。

衛生環境

部屋の中のハウスダスト
埃っぽい環境にいることで、咳や痰が生じることがあります。
この埃っぽさは、ハウスダストとも呼ばれ、部屋の掃除や換気ができておらず、人の目では見えないチリやカビ、ダニやペットの毛など、家の中の埃と混ざったものです。
ハウスダストに対してアレルギーが生じ、くしゃみや鼻水がでることがありますが、慢性的な炎症により「気管支ぜんそく」になってしまう可能性もあります。
この場合、激しく咳き込んだり、息苦しさ、また粘り気のある痰がでるのが特徴です。

原因となるハウスダストをなくすというのが対処法といえますが、激しい咳き込みや息苦しさを感じたら、速やかに病院へ行くようにしましょう。

まとめ

咳をするということは、外から侵入してきたウイルス、埃、花粉などの異物から、肺、気管、更に気管支を守るために生じる防御反応です。
また、痰が絡む場合は、色によってウイルス感染なのか等の判断の参考になります。
痰に色がついていたり、なかなか咳が止まらない、また、激しい咳き込みなどの症状があった場合は、「治るだろう」と決めつけず、早めに病院に行くようにしましょう。
咳が長く続くことによって慢性的な炎症になり、病状が悪化することもあります。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ