骨折の手術で入れたボルトやプレートは抜く方がいい?痛みはある?

【スポンサードリンク】

bones
一般的に骨折をしてしまったら、大きく分けて「保存療法」と「手術」が行われます。
軽い骨折であれば、患部をギブスで固定し、包帯を巻いて、骨がつながるのを待つという「保存療法」を行います。
また、重度の骨折の場合は、インプラントと呼ばれる金属製プレートやボルト等を使った「骨接合術」と呼ばれる「手術」が必要になります。
骨折部を固定するためにプレートやボルト等が使われるのですが、骨が整復されたら、抜く方が良いのでしょうか?
また、抜く時は、痛みが生じるのでしょうか?
とても気になるところです。
今回は、骨折手術で入れた金属製のプレートやボルトは抜く方がいいのか、また、その際の痛みはあるのかを調査しました。

骨折手術の主な方法

まず、骨折した場合の主な手術の方法について解説します。
これらの手術は、骨折した場所や状態によって使い分けられ、医師の判断によって選択されます。
ピンニング
折れた骨同士にピンを挿入して固定する方法です。
例えば、「骨が折れてしまい、ずれている」というような単純な骨折の場合に行われます。
スクリュー固定
骨折部分をネジで止める方法です。こちらもピンニング同様、単純な骨折の場合に行われます。
プレート固定
皮膚を切開し、骨折した部分をプレートとスクリューを使用して固定させる方法です。
関節や関節近くの骨折に主に使われています。
髄内釘固定
骨の中の空洞部分に「髄内釘(ネイル)」と呼ばれるインプラントを入れ固定するのを髄内釘固定と言います。
主に上腕骨や大腿骨、又は脛骨など大きな骨の骨幹部(骨の中央部)が折れた場合などに選ばれる方法です。
創外固定
ピンやワイヤーで身体の外側から固定する方法です。
例えば、骨が砕けてしまい手術ではつなげれない、または、皮膚の外へ骨が飛び出して骨折部が感染しやすいなどといった場合など、すぐに手術が出来ない場合に選ばれる方法です。

インプラントを入れる手術の痛み

骨折をしてしまい、インプラントを入れる手術をされた方によると、プレートやボルト等を入れる手術は全身麻酔が多かったものの、術後は、とても痛みを感じた方が多いようです。
もちろん、異物を体の中に入れるわけですから、痛みが生じるのは想像がつきますが、中には、激痛で寝れなかったり等と非常に大変な経験をされた方もいるようです。
また、手術の痛みがなくなった後も、インプラントが入っている部位によっては、違和感や痛みがあることもあるようです。

【スポンサードリンク】

インプラントを抜く方がいい理由

さて、そんな痛い思いをした手術ですが、「抜くため」にもう一度手術というとなかなか進めない方もいるかもしれません。
またあの痛みを感じるのは・・・というトラウマですね。
骨折手術で使用されるインプラントは、強度と軽量化が両立された素材が用いられているので、体内に入れたままでも安全とは言われていますが、インプラントの保証は40年ほどといわれているので、年齢によっては医師から抜くことを勧められることがあるようです。

また、飛行機に乗る際、金属探知機に引っかかる可能性も高く、CTやMRI等の検査を受けるときにも注意が必要になります。

普段の生活には支障がなくても、やはり異物は必要性がなくなったら取り出すという方が安心なようです。

抜釘手術

実際にインプラントを取除く手術のことを『抜釘手術』と呼ばれています。
スムーズに手術が進めば、10分程のものになりますが、ねじ山が破損していたりすると、大掛かりな手術になるので1、2時間かかるようです。
従って、骨折や治りの具合にもよりますが、骨折から1年以内に行うのがいいようです。
ただ、抜釘手術は、インプラントを入れる手術より痛くないという声が多く、抜いた後は、快適に感じるという方も多かったです。

まとめ

骨折は、大きく分けて「保存療法」と「手術」で処置されます。
軽い骨折の場合は、「保存療法」が行われますが、重度の場合は、金属製のインプラントを入れる「手術」が行われます。
骨折部分を固定するためにプレートやボルトは不可欠なのですが、手術は痛いという声が多いです。
また、インプラントは、体内に入れておいても安全な金属といわれていますが、保証は40年ほどとのこと。
インプラントの位置によっては、部位に痛みや違和感を感じたり、飛行機の乗る際に金属探知機が鳴ったりと、不便なことを理由に骨がつながってからインプラントを取り出す手術をする人も多いといいます。
インプラントを取り出す手術とはいえ、痛くない手術が理想的ですが、やはり大きなけがには大きな痛みが付き物と考えてしまいますよね。
インプラントを入れる手術が痛かったがために取り出す手術が怖いという方も多かったのですが、実際にしてみると意外にもそこまで痛くなかったというケースが多かったです。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ