骨折時の飲酒は適量でもダメ?いつから飲んでも大丈夫?

ジョッキに入っているビール
どんなにお酒が好きでも、病気であれば、飲酒なんてしている気分にもなりませんが、骨折などのケガだと、いつもの流れで飲みたくもなったりします。

また、こういう時に限って飲みに誘われるってことあるんですよね。

一般的に薬が処方されていれば、お酒は控えなければいけないと知られていますが、骨折の場合はどうなのでしょうか。

また、骨折時はいつから飲んでも大丈夫なのかを知っていれば、「適量であれば飲酒しても大丈夫じゃない?」というような誘いであっても歯止めがききます。

今回は、骨折時の飲酒について、適量なら飲んでもいいのか、また、いつからなら飲んでいいのかを調べました。

【スポンサードリンク】

骨折時に飲酒をしないほうがいい理由

『骨折の痛みにはお酒を飲んで気を紛らすのがいい』なんて思っていませんか?

日頃からお酒を欠かさず飲んでいる人には骨折が治るまでお酒を飲まないというのは難しいかもしれません。

しかし、骨折をしている間は、飲酒をしないほうがいいという理由がいくつかあります。

痛みの麻痺

飲酒により酔ってしまうと感覚が麻痺します。

すると、痛みが麻痺したことで患部に無理な力を加えてしまい治りを遅くしてしまうことがあります。

骨折中にお酒を飲むことで、逆に痛みや炎症を悪化させてしまう可能性が高いということを知っておきましょう。

カルシウム吸収の低下

骨折を治すには患部の骨を再生させなければいけません。

そのためにカルシウムの摂取はもちろん、骨代謝も重要なのですが、アルコール類を摂取するとカルシウムの吸収が悪くなってしまいます。

このように骨折をしているときにお酒を飲んでしまうと、結果的に骨折がなかなか治らなくて、治療が長引いてしまう可能性があります。

腫れや炎症の悪化

お酒を飲むと非常に血行が良くなりますよね。

怪我で出血をしていたり、内出血をしている場合は痛みはもちろん炎症をますます悪化させてしまいます。

さらに摂取したアルコールが冷めると血行が悪くなり始めます。

回復するために必要な栄養が行き渡らなくなる原因にもなり、完治までの期間も長引きます。

怪我をしている時の飲酒は、体にいい影響は何一つないということになりますね。

薬への影響

骨折で、特に薬が処方されている場合は、薬の作用が増強する場合や減弱する場合、副作用がでる場合があります。

また、骨折により化膿止めや抗生物質の薬を飲んでいる場合に飲酒をしてしまうと薬の効果が効かなくなることがあります。

さらにお酒と薬の組み合わせにより、アルコールの酔いが強くなる場合等もあります。

特に処方薬を服用している場合は、アルコール類を控えしっかり治す事を優先にする事をお勧めします。

【スポンサードリンク】

いつから飲酒していいのか

出来れば、骨折が完治するまでは控えるという方が良いでしょう。

というのも、上記でも触れましたが、、アルコールは、血行を促進するため、内出血を悪化させたり、引き起こしてしまうことがあるからです。

中には『適量なら飲んでもいい』というような情報もありますが、実際、怪我の程度にもよります。

飲酒をしていいかは、かかりつけの医師に聞いてみるのが一番ですが、他の情報で『適量』という条件付きで飲酒をしていいと書いてあるから飲むというのは控えた方が良さそうです。

また、よく痛みを和らがるために飲酒をするという方もいますが、痛みがある時こそアルコール類は控えるべきです。

ちなみにタバコも控えたほうがいいといいます

タバコに含まれるニコチンは、癌や心臓病になる確率を上げるなどといわれてきたのですが、最近では、筋骨格系に対する影響も注目されていて、喫煙は、骨代謝と骨折の治療を遅らせ、更には術後感染のリスクを高めるとのことです。

骨折時に必要な栄養素

お酒が好きな人であればあるほど、早く骨折を治してお酒を飲みたいという気持ちでいっぱいになることでしょう。

お酒を飲みたいという人に限らず、できるだけ骨折の治癒を早めたいという人は、これからご紹介する6つの栄養素が重要なカギになってきます。

コラーゲン
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンK
カルシウム
マグネシウム

骨折をしてしまうと骨代謝が盛んになります。

すると、体から多くのカルシウムを局所部位に運びますので、栄養バランスが悪い食生活をしていると骨代謝が充分に行われませんし、逆にしっかりと栄養バランスの良い食事をとっていれば治癒期間を短くすることができるのです。

もちろん、この6つの栄養素だけ摂取していればいいというわけではありませんよ。

いろいろな食材から多くの栄養を意識しながら取り入れていくことが治癒期間を短縮させる秘訣なのです。

まとめ

どんなにお酒が好きでも骨折時は、完治するまでお酒は控えましょう。

例え、適量とはいえ、骨折をしているときにアルコールを飲んでしまうと骨を再生するカルシウムが吸収されないほか、血液の循環が良くなってしまい骨折による腫れや炎症が内出血してしまう可能性が高くなります。

また、アルコールを飲むことによって痛みを軽減させるというのは、間違いで、逆に悪化させてしまいます。

つまり、お酒を楽しむためには、完治するまでは、アルコールを摂取せず、治療に専念しましょう。

また、タバコの喫煙も骨折の治りを遅くしてしまいます。

これからの季節、忘年会や飲み会等で誘われることも多いと思いますが、骨折をしていたら、アルコールとタバコを避けて楽しむ方が良さそうです。

また、骨折を早く治すためにも栄養バランスのとれた食生活を心掛けるといいですね。。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ