秋に眠いしだるいのはなぜ?原因を徹底調査!

【スポンサードリンク】

fall

毎年、夏から秋への季節の変わり目で、『体がだるい』や『眠い』といった症状が出る人は意外にも多くいます。

夏バテで、ダウンしていたばかりなのに・・・秋になっても夏バテが続くの?

そんな疑問を抱く方もいらっしゃることでしょう。

なぜ、秋になると体がだるくなったり、眠くなったりする原因は何なんでしょうか?

今回は、なぜ秋になるとだるい、眠いといった症状がでるのか、その原因について徹底調査をしました。

異常な眠さとだるさの原因

秋になると不思議と『日中、ひどい眠気に襲われる』や『頭がぼーっとして体がだるい』等という症状が出ている方は、『秋という季節』が原因という可能性があります。

食欲がない、めまいや立ちくらみがする、ひどい肩こり、舌が白くなっている、憂鬱な気分、イライラする、疲れやすい、風邪がなかなか治らない、又は、仕事中に眠くなるといった症状はありませんか?

もし、3つ以上当てはあっている場合は、『秋バテ』の可能性があります!

秋バテとは?

「夏バテ」といえば、あまりの暑さに体力や食欲がなくなる他、身体がいつもより不調といった症状のことを言いますね。

とはいえ、最近の夏バテは、屋内と野外での温度や湿度の差が急激な上、ここ数年は、猛暑による急激な気温の変化で、明らかに身体がついていけず、ストレスが溜まったり、自律神経を乱してしまったり、冷房で体が冷え切ってしまい血液の循環が悪くなっていることが多くあります。

このような状態で、季節は秋になり、身体にどっと疲れを感じます。

そして、なかなかだるさがとれず、疲労感と体調不良としてあらわれてくるのです。

これこそ「秋バテ」の始まりなのです。

ちなみに秋バテには、ダラダラと夏バテを引きづってしまう『夏バテ引きずり型』と、夏はエアコンをフルで使用していても元気にしていたのに秋になった途端、燃え尽きてしまう『燃え尽き症候群型』の2タイプあります。

特に前者の『夏バテ引きずり型』は、なってしまう人も圧倒的に多いといいます。

秋バテを放っておくと、自律神経の乱れによって免疫が低くなり、感染症に陥りやすくなるほか、秋うつ等にもなってしまう可能性があるといいます。


自律神経の乱れ
秋うつ

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

自律神経の乱れ

自律神経というのは、自分の意思とは関係なく、呼吸、発汗、体温調節などの体の機能を調整するという働きがあり、交感神経と副交感神経という2つの種類があります。

交感神経というのは、活動をしている時や緊張している時、または、ストレスを感じているときに働き、副交感神経は、休息している時や眠っている時、又は、リラックスをしているときに働きます。

このように人間は、交感神経と副交感神経を切り替えながら生活をしているのですが、この自律神経は季節的要因により影響を受けます。

例えば、夏は副交感神経が優位であり、冬には交感神経が優位になっているのですが、春と秋というのは、季節の変わり目という移行期間になるため、自律神経が乱れやすくなるのです。

秋になると1日朝晩は涼しく、日中は暑いという日が多いですよね。こういった日に1日中同じ服装で過ごしてしまうと、自分では自覚してないですが、体内調節は必死に行われています。

そして、体が暑さと寒さをどう対応すればいいのかわからなくなり、自律神経が乱れてしまうということです。

このように自律神経が乱れることによって睡眠に影響が出て、日中はだるかったり、眠かったりと不調が出やすくなるということです。

【スポンサードリンク】

秋うつ

『秋うつ』が原因となり、異常な眠気やだるさを感じている可能性もあります。

秋うつの原因としてあげられるのは、心や体の健康に欠かせない『セロトニン』というホルモンの減少です。

実際、日光や運動などでセロトニンが増えることが分かっているのですが、秋へと季節が変わり、日照時間が短くなることでセロトニンの分泌量も減少してしまいます。

夏の気候に慣れた体が、こういった要因によるセロトニンの減少に対応しきれず、秋うつを引き起こしてしまうのです。

秋に入り、異常な眠気があったり、無性に炭水化物や糖分を摂取したくなったり、過食、やる気が起きない等の症状が出て来たら、秋うつかもしれません。

対処法

秋の服装は、体が温度差を感じないよう体温調節可能な服装を心掛けましょう。

薄手のは織物を準備したり、冷房の温度にも意識をしてみるといいでしょう。

また、38~40℃の湯せんにつかり、副交感神経を刺激してみるのも自律神経の乱れを改善に繋がります。

更にセロトニンの分泌を増やすために運動をするといいようです。

ただ、運動に関しては、体を動かして5分後から活性化され始めるので、20分以上続けられるウォーキングなどから始めるといいでしょう。

セロトニンは、ビタミンB6、トリプトファン、鉄といった栄養素からも分泌を増やせるそうです。意識をしてこれらの栄養素を摂取すると秋のだるさも改善されやすくなるでしょう。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ