年収と年商の違いを分かりやすく説明!

【スポンサードリンク】

money

よくメディアで、『年商3億円の社長』や『ネットショップを立ち上げ年商1億円!』など、年商がどれだけあるかを強調した言い方をしていますよね。

会社勤めの社会人にとっては、年商より『年収』という言葉の方が身近ですが、『年商』と『年収』とは、一体どのような違いがあるのでしょうか?

当たり前のように『年商』という言葉が使われている中、今更、違いなんて聞けないというあなた!

今回は、『年商』と『年収』の違いを分かりやすくご説明します。

年商

年商という意味があまりわかっていないと、『年商3億円』と聞いて、「すごい!3億円も稼いでる!」に驚いてしまう人も少なくないでしょう。

実は、年商というのは、『1年間に販売した商品やサービスの合計金額(年間売上高)』にすぎないのです。

会社としては、売上からすべての経費や税金を除いたものが、会社に残るということになります。

つまり、『年商3億円=1年間に販売した商品やサービスの合計金額が3億円』ということで、実際に儲けているかは、わからないということです。

また、年商3億円だとしても利益がマイナスということもあります。

年収

社会人又は、社会人経験があれば、誰もが気にしたことのある『年収』とは、1年間の収入額のことをさします。

実際には、税金、保険などが引かれる前の総支給額で、賃金や給与ともいいます。

年商と年収の意味を知ると、『年商3億円』より『年収3億円』の方が「すごい!」と感じますよね。

【スポンサードリンク】

『年商』が使われる理由

意味を知れば、明らかに年商3億円より年収3億円の方が、「すごい!」と感じますよね。

はやりメディア側からすれば、『年商』での大きな額で視聴者の興味を引くという理由から、よく使われているのでしょう。

とはいえ、売上高が高いということは、シェアも高く、消費者から支持を受けているという商品の価値を見極める上での判断材料になります。

つまり、売上高は、どれだけ顧客の指示を受けたかを表す興味深い数値ということなのです。

まとめ

年商というのは、販売した商品やサービスの売上高のことで、年間売上高を意味し、年収とは、実際に自身がもらった儲けのことで、賃金や給料などと同じ意味をさします。

年商は、どれだけ商品やサービスを販売しただけなので、実際に利益がプラスなのかマイナスなのかは、不明ということになります。

メディアでは、あえて『年商』を使い、あたかも稼いでいるかのような表現で伝えてきますが、『年商』と『年収』を知った今、実際のところ利益がどれくらい出ているかは、わからないということが分かりますね。

ただ、売上高が高いということは、消費者からの指示を受けた商品を販売したという意味にもなります。ある意味、事業規模を表す数値の一つということです。

従って、『年商』とは、どれだけ会社が儲かっているのかというよりは、どれだけ顧客から支持を受け販売したかという数値であり、『年収』は、年商から経費や税金を除き、自分に入ってくる収入額という意味になります。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ